学校訪問記

今回はバコロドにありますラサール大学敷設語学学校LSLCにお邪魔してきました。
本日はLSLCの日本人マネージャーの富田さんにご案内してもらいました。富田さんは元々バコロドに留学をしておりその後日本に帰国するもののバコロドの良さが忘れる事ができずにバコロドに戻って来たという生粋のバコロドフリークとあり非常に心強いです!

ラサール大学は地元ではとても有名な大学となっており、バコロド市街地の中心部にキャンパスを構えています。 寮は大学キャンパスの目の前に3ヶ所に分かれて設置されています。まずはメインの寮へ案内してもらいました。

こちらは指紋照合システム。寮に入る際は学生さん全員こちらで指紋を照合します。セキュリティー管理もしっかりされています。

まずは受付です。夜までスタッフが常駐していますので何かあっても直ぐに対応できる体制が整っています。訪問したのは朝早かったですが、既に忙しそうにされていました。

丁度朝食の時間とのことで食堂で朝食を頂きました。LSLCは食事の質があまり高くないという体験談を目にすることが多かったのでどんな感じなのかなと思っていたのですが予想外にしっかりしており、味付けも丁度良かったですね。ご飯とパンは選べるようになっており、パンを希望の学生さんは自分でパンを焼いて食べる事もできます。

 

まず寮の1階にありますリクエーションルームです。ココには卓球台とビリヤード台が設置されておりいつでもプレーすることができます。ココは常にエアコンがきいているので暑い日でも気軽に体を動かせます。

 

その奥には学生ラウンジがあります。こちらはDVDなどがあり好みの英語のDVDなどを見れるようになっています。パソコンも設置されていますが、現在は皆自分でPCを持ってくるのであまり利用する学生さんはいないとか。ちなみにこちらは日本語のタイピングができないので日本人の学生さんはPCを持って行く事をお勧めします。

 

こちらが、2人部屋です。スペースに余裕があるように設計されて快適に生活できます。

こちらは多目的ルームで、新入生が多い週のオリエンテーションなどに使われるとのことです。最近は大学生の団体も来るようになったので日本人の学生さんがこちらを使う事も増えて来たとか。やはり日本でのフィリピン留学の勢いをあちこちで感じます。

続いて、これまた目の前にある女性専用寮を案内してもらいました。この寮の下にはカジュアルレストランやカフェなども入っておりこれまた便利な環境になっています。

 

現役のマンションを利用している為に中はとても綺麗です(入る前には指紋照合があります)。

 
中の1室を見せてもらいました。太陽光もしっかり入り清潔な雰囲気がする快適な寮で、女性でも満足のいく寮ですね。

 

LSLCの寮の魅力として寮は分かれていますが、それぞれに食堂がついており建物を移動しなくても食事がとれるという点があります。建物はどこも近いのですが毎日となるとちょっと面倒だなと思う事もあるのでこれは便利です。また同じ建物内にネットカフェが最近オープンしたようです。

 

そしてメインの大学構内へ。殆どの授業は大学構内で行われています。大学構内とありかなり広々とした環境です。

 

そして圧巻だったのは売店です。流石は大学の売店をとあり他校の売店は規模が全く違います!もちろんLSLCの学生さんなら大学生と同じように利用することができます。ラサール大学グッズも販売されているので良いお土産になるようです。いやいや、凄いですね、これは。

 

 

ちょうど韓国語と日本語をフィリピン人の大学生に教えるボランティア活動が行われていました。フィリピンは親日国家ということもあり日本語に興味をもっている学生さんも多くいるようです。こういう文化交流が気軽にできる環境というのも大きな魅力ですよね。

入口正面には大講義室があります。この日は中は見れなかったのですが収容人数なんと5,000人の巨大な講義室で講義の他にも有名ミュージシャンがライブをやったりすることもあるようで地元で最も大きなイベント会場ともなっているようです。凄い規模ですね。

近くに大学のキャンパス内全体の模型がありました。いやあこれは本当に大きなキャンパスです。この中全て語学学校の学生さんも利用できます。この規模はフィリピン留学でもTOPレベルです!

訪問した時は大学の春休み期間とあり通常の3割程度しか学生さんが居ないとのことでしたがあちこちに大学生の姿が見られ、自分の学生時代の事を思い出したり。本当に身近に地元の大学生がいるので交流のチャンスはいくらでもあるといった環境です。これは大きな魅力ですね!

 

 

また大学内にはファーストフードやカジュアルな食事が格安でできるフードコートもあります。学生向けに金額が安く設定されているのも魅力!ここで地元の大学生と交流したり、日本の大学生が大学の授業の課題のアンケートを実施したりして文化交流を図っていたこともあったようです。地元の大学生も日本に興味がある人も多く気さくに話すこともできる雰囲気があります。

 

その後一旦教室ゾーンに移動しました。大学のキャンパス内にあるというだけあり派手な飾りなどはないシンプルな作りとなっています。掃除は行き届いているおり清潔な感じがします。

 

大学敷設であってもマンツーマン授業はとてもアットホームな雰囲気で行われており、特に敷居が高いという事はありません。またLSLCは入学してすぐは大学教授による授業も受講できるのでその授業の質の高さには定評があります。

その後キャンパス内を1週しみるとことに。キャンパス内には体育館、広い陸上グランド、プール、テニスコートなどがあります。もちろんLSLCの学生さんも利用することができます。またテニスなどは有料ですが大学の専門の先生がコーチをしてくれるサービスもありここでテニスを始める学生さんも多いようです。これだけ充実した設備がある学校は他にはないのではないかという充実度です!

 

 

その他医務室もありナースではなくドクターがいるので簡単な診断なども出来ますし、歯の検査も可能です(歯の治療はしていません)。もしもの時も安心なサポート体制が整っていますね。

 

そして、キャンパス内にはLSLCが経営をしているカフェがあります。なかなかおしゃれな作りとなっていて学生さん達も良く利用しているようです。凄い設備の充実度ですね。予想を大きく超えています。

 

富田さんよりグリーンマンゴーシェークをごちそうして頂きました。マンゴーシェークはあちこちで飲んだのですが、グリーンマンゴーは始めてで、少し酸味が利いてさっぱりしていて暑いフィリピンにもってこいでした。美味しかったです!ごちそうさまでした。

その後学校から車で5分程の所にあるバコロド庁舎に連れていってもらいました。ここは広々とした敷地で平和な時間の流れが感じられる公園でもあり、早朝はここでエアロビのようなダンスを皆がしているようです。日本で言えばラジオ体操、中国で言えば太極拳のようなものでしょうか(笑)

 

バコロドは街も整然としていて綺麗な街並みで、長期で暮らすには本当に良い所と感じる事ができました。

LSLCは日本ではまだまだマイナーな学校ですが、その設備面や教育水準の高さはフィリピンでもTOPレベルを誇っています。韓国人からは絶大な人気を誇っていると言われていますがその理由が今回の訪問でわかりました。流石は有名大学付属語学学校だなと納得の訪問となりました。

★LSLCキャンパスの詳細や料金などはこちら★