フィリピン珍道中日記

海外で生活する留学時には色々な不安や心配がありますが、その中の一つに病院があるかと思います。

海外で病気にかかってしまった、または怪我をしてしまったら・・・

言葉の問題もありますし、フィリピン・セブという場所柄の心配も大きいという方も多いのでしょうか。

しかし、セブにはそんな時に頼りになる「ジャパニーズヘルプデスク(J.H.D)」という安心サポートデスクがあると聞いたので、早速お邪魔してきました。

場所はセブの中心のオスメニアサークルから車で数分の便利な場所にあるセブドクターズホスピタル内になります

正確にはセブドクターズホスピタルのメインビルディングの裏にあるビルディングですが病院スタッフに聞けば直ぐにわかります。

 
ドアをノックして入ると、日本人スタッフの山崎ひろのぶさんとドクターのビンボー先生がいらっしゃいました。
 
ビンボー先生は「私の名前は変わっていますよね。でも直ぐに覚えてもらえます(笑)」とにこやかに迎えてくれました。

ビンボー先生はとても気さくな方で、とってもフレンドリーですがやり手の医師とのことであちこちからひっぱりだこで多忙な生活を
送っているようで、この日も途中で他の場所へ外出されていました。


まず、このジャパニーズヘルプデスクについて山崎さんに伺った所、私が最初に思っていた通訳サービスを行うという業務は全体の業務の一部で、一番重要な仕事は患者に対して適切な医師を紹介する事との事でした。

このセブドクターズホスピタルには約100人もの医師が在籍しているようです。しかし、その医者としてのスキルにはかなりの差があり、腕に疑問が残る医師も少なくない反面、日本の医師よりも遥かに高いスキルをもった医師も多数在籍しているとのことでした。

確かに、フィリピンは国を挙げて医療従事者の教育に力をいれている為にしっかりした病院の医療レベルは実は高いのです。

そういう状況があるので、患者さんから連絡があったら、状況を確認し、それに一番適した医師を山崎さんが紹介してくれます。その症状ならばあの先生かあの先生、そういう事ならあの先生と言った具合に一番適した先生をピックアップしてくれます。

もちろん、その際に通訳が必要であれば、通訳サービスもしてくれます。

これは非常に心強いです!

いやあ日本と同じレベルの医療が受けられるのは安心だなあと思っていたら、山崎さんが

実は日本の医療レベルは日本人が思っている程高くないんです。私もここに来るまで日本の医療は素晴らしいとずっと思っていのですが、ここに来てそれが覆されました。」と仰天発言!

日本の医療レベルが低い?それはどういうことですか?と訊くと

もちろん、一部の凄い医師はいます。しかし平均的にはレベルはさほど高くありません。医療機器は確かに世界TOPレベルかもしれませんが、それを扱う医師はとても世界TOPレベルとはいえないのです。私はここで日本の誤診をされた患者さんが、ここで正しい診察を受けて治ったのを何度も見てきました。

例は色々とありますが、分かりやすい例としてはある患者さんが下痢をしたとしましょう。日本に病院では殆どの場合が下痢止めの薬をもらうかと思います。でも下痢の原因は複数あるのですが、アメーバーなどが原因の場合はいくら下痢止めを飲んでも治りません。むしろお腹にアメーバーを止めてしまうので悪化することだってあります。これはアメーバーを殺す薬が必要なのです。

でも、その原因は見ただけでは分からないのです。きちんと検便など検査しなくては分からないのです。医師は魔法使いではありません。検査して初めて分かるのです。だから、ここの医師は必ず色々な検査をします。そして確実に原因を突き止め治療に当たります。

しかし、日本の場合はその時点で症状が軽ければ検便や血液検査はしません。検査をすれば数時間結果がでるまで待たなくてはいけなく、日本からの患者さんは「フィリピンの先生はレベルが低いから検査しないと分からない。日本なら検査なんかしなくても直ぐに判断できて薬をもらえる」と言う人が多いのですが、それは違うのです。日本の医師は勝手に判断しているだけで、誤診も沢山あるのです。

ココではそういう誤診を避けるために検査を行っているのです。ここが最初は理解できない方が多いので誤解されがちです。

また、人間は皆アレルギーを持っています。日本は環境がとてもきれいなのでアレルギー反応が出ることは少ないのですが、発展途上のフィリピンでは日本では大丈夫だったアレルギー反応が出てしまうことがあります。肝炎・経口感染症・ウィルス性結膜炎などフィリピンでは良くあります。また結核などもあります。ただ、これらはきちんと対処すれば大事にはなりませんので、あれ体調がおかしいなと思ったらまずご連絡下さい。と山崎さん。

その他にも、病気や医療について詳しい話しが次々と出てきます。もともと看護師さんか何かだったのですか?と訊くと

いやいや、実は元々は全くの素人で元々は旅行会社で働いていたのですとこれまた驚きの事実!

その旅行会社を辞めて、ニューヨークにで英語を学び、その後セブのCPILS(英語学校)とサンカルロス大学で英語を学ばれたようです。

アメリカの学校とフィリピンの学校どっちが良かったですか?と質問してみたところ、

やはりフィリピンの学校はマンツーマンがしっかりあるので特にスピーキングはダントツフィリピンの学校で伸びましたとのこと。

流石はフィリピンの学校は英語の伸びが本当に実感できますね。

そして、フィリピンで勉強している時にこの仕事を見つけたようです。しかし、最初はもちろん医療関係素人だったので毎日本当に分からないことだらけで苦労の連続。そもそも医療で使われる単語が全くわからない。そこで、よく使われる医療の単語を片っ端から覚えるために自分でノートを作りひたすら覚えたとのこと。その一部を見せてもらました。確かに私がみても医療英語はさっぱりわかりません。


しかし、山崎さんがココまで医療について詳しくなったのは前出のビンボー先生との出会いでした。通常医師は通訳などのスタッフはあくまでの通訳業務を越える事は許さないのですが、ビンボー先生は君が少しでも医療の知識をつければかならずココでの仕事に役にたつ、それに仮に私が診察しているのをみていて、あれおかしいんじゃないか?と思えばアドバイをすることもできる。私も人間で完璧ではないので、そういうサポートができるのも良い事だ。ということで、こういう症状の場合の原因はこれとこれ、こういう場合はまずこういう対処をするなど基本的な事を沢山教えてくれたようです。今では山崎さんはビンボー先生からの信頼も厚く良いチームになっているようです。

また、この部屋にも後ろに簡単な診察室があり、患者さんが来た祭に直ぐに診察ができるようにもなっています。
 
もちろん、横には山崎さんがいるので言葉の心配もいりません。また山崎さんがどうしても同席できない場合などの為に
ビンボー先生は現在日本語も少しずつ勉強しているとのこと。日本語での症状や病名など有名なものであれば大体は分かるようです。

これは逆に山崎さんビンボー先生に教えているとのことです。本当に良いコンビですね。ジャパニーズヘルプデスクにはその他にもスタッフの方がいて24時間体制で患者さんのサポートをしています。

この病院ではSME、SPILS、USP ESL、CIAなど有名語学学校のカンパニードクターとしても登録されているので定期的に学校にいって生徒さんの健康をチェックしているというので、生徒さんとしても親近感のある病院でもあります。

その他、こぼれ話として、山崎さんは学生時代からボクシングを本格的にやっており(そう言われてみると確かにボクサー体系をしているなあと。)、セブにあるALAジムという所に登録をしているようです。そして、このALAジムというのがとてつもない強いジムで世界チャンピョンレベルの人が複数いるようです。去年はあの亀田選手も練習で訪れたのですが、ALAジムの選手があまりに強すぎてやられてしまい、それ以来もう来なくなってしまったとのこと。でも、ボクシングは必ずしも1番強い人がチャンピョンになるわけではなく、ジムの経済力も大きな要因になる。チャンピョンは本当に強い人を指名することは少ない、お金のないジムで強くても世界ランキング4位程度でそれ以上は勝ち続けて指名されなければ上がれない。そんな理由もあってALAジムの選手はチャンピョンレベルの実力がありながらチャンピョンになれない選手も多いんですよねという話もしてくれました。

今の日本のボクシングのパンチは手打ちの選手ばかりで、しっかりしたパンチを打てる選手、それを教えるトレーナーがほぼいない。

アメリカなどではトレーナーの育成が進んでいるが、そこに入るのはやはり英語ができないといけない。でも業界にそこまで英語が
できる人がいないので、学びにいっても100%吸収することができないんですよね。とのことでした。

やはり英語力は何をするにも必要だなあと改めに実感しました。

と、最後は話がずれてしまいましたが、セブで病気や怪我をしてしまったという場合はまずはジャパニーズヘルプデスクへご連絡ください。もちろん、日本の各種保険がつかえてキャッシュフリーになります(東京海上とAIUはシステム上仮払いになることがあります)。

現在毎日10人程度の患者さんがいらっしゃるので、非常に忙しくなっているとのことで、要予約です。

★ジャパニーズヘルプデスク
電話:032-516-3341(日本語直通)

営業時間:午前9時~午後6時(月~金)、午前9時~12時(土)
住所:セブドクターズホスピタル内

フィリピン珍道中日記

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介