フィリピン珍道中日記

旅行後半年越しはちょっとマニアックな所に行ってみたい!という友達のリクエストがあったので、セブシティーから車で約1時間北上したところにあるDanaoという街にある「SUNSHINE BEACH RESORT」という日本人オーナーの隠れ家的なリゾートアコモデーションがある聞きつけて早速行ってきました!

リゾートと言ってもローカルに向けに作られた所で、1泊1部屋2000ペソ(約4000円)なので2人で利用すれば1人2000円と激安!

★SUNSHINE BEACH RESORTのWebsiteはこちら
http://tomesunshine.com/jp

前半は男ばかりの旅行でしたが、後半は急遽学校の女性スタッフと一人で短期留学をしていた女子高生も参加しての珍道中!

Danaoは有名観光地ではないのでタクシーでは行くのは難しくハイヤーをチャーターして向かいます。因みにDanaoにはタクシー会社はなく市内は自転車やバイクタクシーでの移動になります。

途中、大通りを外れてかなり狭い道に入るので「おいおい、どこに行くんだ?」といった感じですが、突如そのリゾートは姿を現します!

  

敷地内は南国を代表するヤシの木や熱帯植物が沢山植わっており、将に気分はTHE南国!

大きなプールもやジャグジーも完備されています!

こちらのプールはセブでは珍しく、水質が非常によく殆どケミカルを使うことないとのこと。早朝には小鳥が水を飲みにくる程綺麗な水質なんだとか。夜はライトアップされるのでムーディーな雰囲気が味わえます。

  
こちらの売りはビーチフロントのレストラン!波の音を聞きながらのんびり食事ができます。贅沢な時間です。
僕達も部屋がバラバラだったので、殆どこのレストランでのんびり過ごしていました。

  

また、敷地内には何箇所かハンモックが設置されています。これが本当に気持ちよくて波の音に癒されながら昼寝もきちゃいます!
将に南国リゾートの醍醐味ですね!ハンモック最高です!

また、この近くには「St.Thomas de Villava Church」という大きな教会と「ガイサノ市場」というローカル市場があるというので観光にでかけてみました。

上にも書きましたが、この街にはタクシーはないのでバイクタクシーで向かうことになります。
これは屋根付きサイドーカーのような形をしています。たまたま止まったバイクタクシーは子供を3人乗せながらの営業でした(笑)

でもこれに全員乗れるの?と思ったのですが、問題ないということで、いざ乗車!

バイクもそう大きくないものですが、大人5人+ドライバー+ドライバーの子供3人と将にすし詰めででしたがちゃんと動きました!いやあ凄い!こんな乗り方ができるのもセブならですね(笑)宿から市場まではこのバイクタクシーで約10分弱。費用は交渉でしたが、50ペソ(約100円)と激安!

  

ドライバーの息子さんと娘さん。ちょっとシャイなお子さん達ですが良い笑顔を見せてくれます。セブの人たちは本当に凄く明るく良い笑顔を見せてくれるのがとても印象的でした。

  

まずは、セントトマス教会に到着。

フィリピンにはマゼランが到着して以来キリスト教が広く受け入れられ国民の約9割はキリスト教徒です。

この教会は約250年前に建てられた歴史ある教会でセブ島北部エリアの信仰の象徴して島民の心のより所になっています。毎週日曜に行われるサンデーミサには多くの市民が集まり大変な賑わいをみせるとか。この日も信者の方が沢山お祈りを捧げていました。

  

教会は綺麗な海に面していて南国の雰囲気をもつ教会です。映画のワンシーンのような教会内から見える景色はとても印象的な光景です。

  

続いて教会から徒歩10分程の場所にあるガイサノ市場へ!


この日は大晦日で、今夜のパーティーの食材を買いに来るお客さんでごった返してました!東京のアメ横の大晦日を思い出しました(笑)
ここは、日本人どころか外国人も僕達しかいないのでは?という勢いのローカル市場(笑)こういう雰囲気はアジアを強く感じられるスポットで僕は大好きです!因みに写真に写っているのは自転車タクシーです。市内には沢山の自転車タクシーが走っています。料金は完全に交渉になるようですね。市民の足として広く普及しています。

将に市民の台所!といった感じのTHEアジアの市場です!その活気は凄まじく僕達のテンションも上がります!

  

  

  

突然、豚を抱えたおじさんが登場!そして、大きな台の上で解体し始め、手馴れた手つきで各部位に分けていきます。築地でマグロの解体ショーは見たことがありますが、豚の解体ショーは初めてです。そのダイナミックさにビックリ!

  

市場を見て回ると、おいしそうなビンチョウマグロを発見!今日は夜はビーチが見える所でBBQをやろうということで、

本日の目玉はこのビンチョウマグロに決定!値段も交渉して安くしてもらい、ご満悦!

その他チキンやシーフード買いました。

市場の近くに人だかりができているゾーンがあったので、行ってみるとお正月を祝う、爆竹と花火が売られていました。メルボルンでもチャイニーズニューイヤーの際は大量の爆竹が鳴らされますが、ここセブでも正月には爆竹が欠かせないアイテムになっています。

宿についてしばらくのんびりしていると日も暮れて、ホテルのスタッフに手伝ってもらいBBQ開始!

なんとも豪快でしょ!こんな豪快&豪華なBBQは生まれて初めてです(笑)

  

ビールなど飲みながら待つ事1時間ほど。ついにビンチョウマグロBBQ出来上がり!凄い迫力!

その後、こちらのリゾートのオーナーの新留さんも交えての談 笑も盛り上がりました。新留さんはもともと建設省(現・国土交通省)の役人をしていたようなのですが、55歳の時に奥さんがセブの方ということもあり、早 期退職してこのリゾートを始めたという変わった経歴の持ち主。軽快な話口調で次から次へと面白い話が飛び出します。

そんな新留さんも奥さんも全くホテルなどの経営などやったことがなく、最初は全くの手探り状態。当然最初は苦労の連続だったようです。そのあたりの話は文化の違いなども学ぶことができる興味深い話でした。僕も海外で暮らしているということもあり、海外で頑張っている日本人の方の話はとても参考になりますね。ちなみに奥さんもかなり日本語ができるとのこと。

さあ、そろそろ年越しカウントダウンです!近所でも年越しを祝う、爆竹やロケット花火がなり始めました。

僕達もプールに移動して空を見上げると、とっても綺麗な星空!2010年の最後をこんな楽しく迎えられるとは思いませんでした。
来年もまたこんな楽しい年越しができるように!

その後は、友達とプールに入ってユラユラしながらのんびりと新年を満喫!お正月をリゾートプールで迎えるなんて贅沢!

そして、元旦の朝。皆でレストランに集まり朝食を。いやあこんな南国のお正月も乙なものですね!

僕は仕事の為に残念ながら元旦にメルボルンに向かうため、皆より一足先にセブを発つ事に。

いやあ、本当にまだまだセブにいたかったです。後ろ髪を引かれる思いでセブ空港へ向かいました。

帰りもマニラ空港を経由して、メルボルンへ。

今回のセブ旅行では、本当に沢山の経験ができました。

セブの魅力は、その物価の安さ+その安さに反比例するかのようなハイクォリティーのサービス!

そして何よりも底抜けに明るいセブの人々。
すっかりセブに魅せられてしまいました。

セブはまだまだ日本人にはあまり馴染みがない留学地ですが、全体の留学者数が減る中その人気は徐々に増しています。
その理由は、ただ安いだけなくその満足度が非常に高いという事にあります。オーストラリアにもセブ留学を経て来ている学生さんも沢山います。「セブ留学は本当に良かったよ!」という話が口コミで広がり初めています。

日本からはわずか4時間のフライト、時差も1時間と気軽に行くことができます。

費用を抑えて、でもしっかり勉強したいと言う要望の方は多いかと思います。そんな方は是非セブ留学をお勧め致します!

フィリピン珍道中日記

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介