ゆうさん体験記

留学のきっかけ

留学したきっけかですが、英語を話せるようになるために、英語の環境に浸りたかったので留学を決意しました。フィリピンを選んだのは、学費とマンツーマンの多さですね。あと、実は前にバックパッカーでフィリピンを旅行した時があって、フィリピン人の英語力を知っていたことも、この留学を決意した理由の一つです。

実際に留学して思ったのは、値段は安いけど先生や環境のクオリティーが比較的に良く、値段以上のモノが得られるという印象ですね。行く前もそういった期待はあったんですが、実際に来てみて改めて実感しました。特に、先生や韓国人の生徒さんとの授業以外での交流は、期待以上でした!

友達について

友達はたくさんできました!日本人、韓国人、そしてフィリピン人です。週末はギリギリまで予定がないんですが、いきなり色々と誘われて週末は忙しくなりました。ここは、みんなフレンドリーなので、もし何も予定がなくても学校の近くのセブンイレブンに行くだけで、友達や新しい知り合いもできて、それだけ楽しめました。

HELPでの留学中では何が一番大変でしたか?

大変だったのは、もちろん勉強です。今から思い返すと、常に成長していたとは思います。でも、時には「今成長できていないかも?」と不安になった時期もありました。特に一ヶ月目は焦りもあって、無理をして勉強していました。「早くしゃべれるようになりたい」、そう思って質よりも量を重視して勉強していました。要は、新しい事をどんどん覚えて、詰め込み式の勉強をしていました。

もちろん、それでも成長できましたが、2~3ヶ月目に色々気づくことがあり、もっとじっくり、そして確実に英語を自分に染みつけていこうと思いました。要は、量よりも質に転換!?各表現や文型が自分の体に染みついていないと、実際の会話では使えないと感じていました。焦りすぎは良くないし、いっぱいやるのもいいけれど、一つ一つ確実に身につけていくことも大切だと思います。他の生徒さんにそんなアドバイスをしたこともありましたね!

HELPで感じた事

英語以外でも、ここでは学ぶことがいっぱいあります!フィリピンとの文化の違い、誕生日の人がみんなにおごるとか(笑)、日本では経験したことのないコミュニーケーションの密度、日本よりも本当にみんなと深い繋がりをもつことが経験できたと思います。こんなに、一人一人と深くつながれる経験は日本では、正直なかったです。そして、この深い繋がりがあるから学びあえるし、困った時も助け合える。日本にいたら、人の問題なんて無関心だったけど、ここでは、自分のことのように悩み助けあえる。ここでは、泣いたり笑ったりが本気でできた気がします!つらいことも楽しいことも共有できる。それもここでの人との繋がりがあったからです。

日本人、韓国人、フィリピン人とも、日本ではこんなに人と強く結びついた経験は少なかったと思います。それが自分は大好きで、本当に幸せだと気づかされました。そんな気持ちが大きくて、またここに戻ってきたいと心の底から思っています。

これから留学する人へのメッセージ

文法書の教科書と電子辞書があれば、特に事前に持って行くものは必要ないと思います。特に電子辞書があると、勉強効率が劇的に変わりますね。あとは、留学中はあせらないことが大切です。最初はうまく英語がしゃべれなくて失望するかもしれませんが、それは自然なことで悪いことではありません。

落ち込むのも時には大事。そこから、それをバネにして、あせらず、着実にすすんでいくことが大切です。周りを見て、うまくしゃべれる人がいても、自分と比較しないで、そこでしゃべれないと落ち込まないで下さい。それは、今の自分のスキルと割り切りましょう。自分の現在の英語力を冷静にジャッジして、そこで今何をするかが大切だと思います。