学校の特徴

ffiery(ファイアリー)はフィリピンの国際都市クラークにある日系の学校です。ビレッジ内にキャンパスを構えている為に、安全かつ快適な生活ができます。ビレッジ内にはプール、コンビニ、バー、教会、体育館などがあり、プールや体育館は学生さんは無料で利用することができます。

もちろん日本人スタッフも常駐している為に初めての海外、留学の方も安心して生活ができると注目されています。

授業は基本的にマンツーマンで組まれており、授業料も低めに設定されています。費用を抑えて短期でも集中的に英語を勉強したいという方にお勧めの学校となっています。

また、門限は設定されていませんので、放課後は各自自由に生活をすることができます。

学生寮は男女別々ですが、ファミリールームが2部屋設置されており、こちらはご夫婦、カップル、ご家族でご利用頂けます。

その他、学校にご到着後直ぐにオリエンテーションを行いますので、月曜日から授業を行うことができますので短期就学の方も滞在時間を目一杯勉強に充てる事が可能です。深夜ご到着の場合はご希望により月曜日の朝オリエンテーションを行う事ができます。レベルチェックテストは授業内に行うことになります。

基本データ

創立2013年
アクセスマニラ国際空港から車で約2時間30分
定員30人
国籍比率日本人100%
一般英語のレベル数無し(オールマンツーマンの為)
入学日毎週月曜日
最短申込み週1週
ネイティブ教師授業なし
講師数24人
日本人スタッフ常駐
SSP認定認定済
TESDA認定無し
1日の授業時間(最大)11時間
キャンパス内英語オンリーポリシー無し

設備

キャンパス施設食堂、プール、コンビニ、体育館など(ビレッジ内設備含む)
日本語対応PC無し
インターネット全教室で接続可能
部屋タイプ1人-2人部屋
食事平日3食、土日・祝日はブランチと夕食
寮内設備ベッド、冷蔵庫、エアコン、温水シャワー、勉強机 、扇風機、ウォーターサーバー
寮内での無線インターネット接続不可(有料にてポケットWIFI貸出しサービスあり)

学校からのメッセージ

ファイアリー代表

これまで留学とはお金も、時間も、手間もかかる、極めて敷居の高いものであったと思います。行きたくても行けない学生が大勢いて、思えば私もその一人でした。

学生時代から、将来は何か事業を立ち上げようと頭を捻っていた時は、フィリピン留学なんて知る由もありませんでした。きっかけは、会社を辞め起業の相談に 伺った方から言われた一言です。 「これからの時代、英語が出来ずにビジネスは語れない。来週からフィリピンに飛べ!来週だ。」 これが私とフィリピン留学との出会いでした。

その翌週、本当にフィリピンの地を踏んでいた私は、フィリピン留学の韓国資本の学校に6週間入学しました。初めての留学の中で様々なことを学び、日々自分 の視野や考え方が広がっていくのを感じていた私の心には、ある一つの想いが芽生えていました。「留学の素晴らしさをもっと多くの人に知ってもらいたい。視 野が、心が、考え方が広がるこの貴重な経験を、一人でも多くの人に届けたい。」 これこそが私が当事業の立ち上げを決めた動機です。自分は何をしたいのか、何が出来るのか、何をすべきなのか…それまで胸の内でくすぶっていた想いが、 はっきりと一本につながった瞬間でした。

またこの留学を通してフィリピン人、韓国人、台湾人、多くの外国人と出会いました。そして彼らと話していて分かった事があります。 それは、「海外から見たニッポンは元気がない」という事です。

かつて日本は豊富な労働力と技術力で敗戦から立ち上がり経済大国へと躍り出ましたが、現在では長引く不況、少子高齢化、新興国の台頭などの影響から、その輝きを失いつつあるという事は皆さんもご存じの通りだと思います。
今求められているのは、経済大国を維持・発展させるための「次の一手」です。
それはまさに「次代を担う人材の活性化」にあると思っています。
若者を元気にすることが、日本を元気にする上で一番大切な事ではないでしょうか。 初めての海外生活、初めての英語のやりとり、初めて見る光景、初めて知った文化の違い、初めての外国人の友達・・・そういったたくさんの「初めて」は、人 の視野を広げ多くの可能性と選択肢を、そして何より自信と行動力を与えます。

私が上の世代の方のアドバイスで前に進むきっかけを得られたように、今度は私が、自分と同じような若者の背中を押してあげたい。そんな想いで創られた学校です。
ファイアリーは、若者の夢探しと、それをつかむきっかけ作りを全力で応援します

代表取締役 柴田光史

▲ページトップに戻る