フィリピン留学は授業料と寮費&食費などがセットになっている為にライフスタイルが自由な欧米留学に比べて分かりやすくなっています。キャンパスと寮は同じ敷地内にあることが多く基本的に通学費も不要で、勉強に集中する場合は現地での生活費は殆ど掛からず、週1~2回外食をする程度であれば月1~2万円程度あれば足ります。

ゴルフやスキューバダイビングをはじめとするアクティビティーも楽しみたい方は月5~8万円程度ご準備されることをお勧めします。

cost3

留学費用の目安は学校、期間、部屋のタイプなどによっても大きく異なりますが、ビザ代やSSP代など諸経費含めて月14~15万円程となります。超格安学校などは月10万円程度という所もありますが、平均からかけ離れている所は設備や講師の質を維持する事は出来ませんので安かろう悪かろうにならざるを得ません。留学は人生においてそう何度もできるものではなく取り戻す事はできない大事な時間を使って行うものですので後悔しないようにしっかりと効果が見込める学校を選ぶ事をお勧めします。

授業料
入学金や授業料など。追加でマンツーマンなどの授業を申し込む場合や週末アクティビティーなどは現地で追加料金が発生するものもあります。
宿泊費
宿泊するお部屋代となります。電気代は基本的には含まれていません。
食費
多くの学校で土日含めて1日3食提供されます。学校によって週末は朝食だけというようなケースもあります。
空港ピックアップ費
セブの学校は殆どのケースで含まれています。セブ以外の都市では別途空港ピックアップ費が必要になるケースが多くなっています。
航空券
往復航空券(復路は日本でなくてもOKです)を購入してください。日本からの往復航空券はLCCであれば3-4万円、平均は6-7万円、ハイシーズンになると10万円前後となるのが一般的になります。
海外旅行保険
万が一の時の為に保険に加入する事を強くお勧めします。3ヵ月以内であればクレジットカード付帯の保険も使える事がありますが、利用条件などがある場合があるのでご出発前に該当のカード会社に利用方法などを確認してください。
諸経費
SSPやビザ代(5週間以上就学の場合)、電気代やテキスト代は学校で現金にて支払うのが一般的です。ペソでの支払いとなりますが、現地で両替後の支払いとなるので予め日本で両替する必要はありません。
生活費・お小遣い
多くの学校で食費が含まれているので、授業に集中する場合は生活費は殆ど必用ありません。週末に飲みにいたりマッサージに行かれる程度であれば月1万~2万円程度あれば大丈夫です。ゴルフやスキューバダイビングなどのマリンスポーツも楽しみたいという方は月5万~8万円程度を目安にしてください。
出国税
550ペソ(2014年8月現在)フィリピンを出国する際に空港で支払う事になりますので、帰国時に準備してください。
寮の保証金
平均2,500ペソの寮保証金が掛かります。こちらは卒業時に問題が無ければ全額返金となります。

cost2

フィリピン+欧米のワーキングホリデーをされる方の初期準備費用の平均は120-150万円となっています。こちらでフィリピン4ヵ月、オーストラリアで1-2ヵ月学校に通う事もできます。もちろん、費用は多ければ多いほど余裕のあるプランを立てる事ができますし、特に2ヵ国目に行った際の選択肢が多くなります。もちろん100万円以下でも不可能ではありませんが、あまりにカツカツで行ってしまうと様々な所で妥協を強いられ本来の目的からかけ離れた満足度の低い留学になることが多くなっています。留学は人生においてそう何度もできるものではありませんので、現在の予算が足らないのであれば数か月出発を遅らせてアルバイトなどでも数十万円貯めることをお勧めします。その費用の差がその後の人生を変える位大きな差になることもしばしばです。

また、TOEIC800点オーバーの英語力(スピーキングも含め)があればオーストラリアなどでも時給の高い仕事に就ける可能性が飛躍的にアップします。英語が出来ないでも就ける仕事は時給$10-$12程度、英語が必用とされる地元の企業、カフェやレストランでは時給は平均$17-$18となり、仮に時給の差額が$6として1ヵ月150時間働くと差額だけで$900/月、半年で$5,400と50万円以上の差額となります。それが1年ならば100万程度の差となりフィリピン留学部分の費用をカバーしてもおつりがくるほどの差となります。英語ができるか出来ないかという差はこれほどまでに大きくなります。

中途半端な英語の勉強となるとその後もずっと英語コンプレックスに悩まされます。もう英語の勉強はこのフィリピン留学もしくは2ヵ国留学に中に終わらせて、その後は英語で何かを学ぶという世界に進むことを目指されるプランがお勧めです。

今の自分は英語力は限りなく0に近いという方も必死に2ヵ国留学中英語を勉強すれば必ず英語力は上級まで上げることができます。ただ、単純に留学に行けさえすれば伸びるわけではなく、しっかり勉強できる環境をつくることが重要で、その為にも安かろう悪かろうの学校ではなく、信頼おける学校で勉強できる費用を準備することお勧めします。