フィリピン留学の準備は欧米留学と比べて比較的に簡単になっています。基本的に予めのビザの手続きや両替も不要ですし、服装も夏服だけあれば十分です。殆どの日用品も現地で安く購入できます。

お金の持って行き方は基本的には現金とクレジットカード/国際キャッシュカードが主流となります。金庫のある学校は少ないですが、鍵のかかるスーツケースを金庫代わりに使うことができます。お金などは目に見える所に置く事は避け必ず鍵のかかるスーツケースの中に入れて保管してください。

両替

両替フィリピンペソは日本ではマイナー通貨に当たる為に両替できる所が少なく、空港などではできますがレートも悪くなっています。その為に留学時には日本円はそのまま持って行きフィリピン国内で両替することをお勧めします。

フィリピンの空港の両替所もレートは良くないので、学校のスタッフが案内してくれる両替所をご利用いただく事をお勧めします。現地で学校に支払う費用については到着直後ではなく両替後に支払うことができますので予め日本で両替する必要はありません。

トラベラーズチェック

フィリピンでは殆ど流通しておらず利用するのが難しいので基本的には利用されないことをお勧めします。

クレジットカード

クレジットカードVISA、Masterカードが普及しており、ショッピングセンターやレストランなどで利用することができます。また殆どのATMでも利用することが可能です。JCBやAmerican Expressは利用できる所が限られています。

その他PLUS、Cirrusなどの国際キャッシングカードも非常に便利です。こちらも殆どのATMで利用することができます。銀行のカードの裏に「PLUS」「Cirrus」のマークがあればご利用する事ができます。上限額や利用条件が設定されていることが多いのでご出発前に銀行にご確認下さい。

大黒屋による海外送金

日本にある大黒屋の窓口でWestern Union(ウエスタンユニオン)を利用した海外送金を行う事ができます。送金後30分程度でフィリピンで受け取るができます。Western Unionはフィリピン各地にかなり多くの窓口がありますのでどちらの学校の学生さんでも気軽に利用することができます。

大黒屋の海外送金サービスの詳細ページはこちら

SBI Remitの海外送金サービス

ソフトバンクグループのSBI Remitは10万円程度以下の少額送金であれば送金手数料も安くフィリピンに送金することができます。こちらはMoney Gram社と提携しており、フィリピン各地にあるMoney Gramの窓口で現金で受け取る事ができます。

フィリピン出発前にSBI Remitのサービスに申し込んでおけばこちらの口座を経由させることでフィリピンに送金が可能です。しかも送金後最短10分で現地で受け取る事が可能です。SBI Remitは日本国内の口座になる為に、日本のネットバンキングを使える方であればフィリピンに居ながら気軽にネットで海外送金ができる非常に便利なサービスです。

SBI Remitの公式Webサイトはこちら。

フィリピン留学の場合は入国時に出国のチケットが必要となります。基本的には往復チケットを購入するのが一般的ですが2カ国留学をする方や帰国時に第三国経由で帰国される方は出国のチケットの行先は日本以外となります。

格安航空券は航空券はJTBやHISなどで店舗でもお電話などでも購入することができます。その他インターネット経由でも購入する事ができます。

ご希望の方にはフィリピンの航空券に詳しい格安航空チケットを扱う旅行代理店をご紹介させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。

 

出発時に必要なもの

パスポートパスポートの残存期間は留学期間+6ヵ月以上が必要
航空券航空券は必ず往復チケットか、第3国への出国チケットが必用です。
ビザ日本国籍の方でフィリピンに30日以内の滞在の方はビザは不要です。それ以上滞在される方もフィリピン入国時にはビザはご不要で、現地到着後学校スタッフがビザ延長手続きを代行してくれます。
現金トラベラーズチェックは殆ど利用できませんので、お金は現金で持って行く事が多くなります。現地では鍵のかかるスーツケースを金庫代りにしてしっかり保管してください。
保険海外旅行保険に入られることを強くお勧めします。フィリピンは医療費は基本前払いとなる為に保険がないと大事になることがあります。3ヵ月以内の短期留学の場合はクレジットカード付帯の保険も利用する事ができます。こちらは利用条件があることがありますのでご利用の際はご出発前にクレジットカード会社に利用条件や利用法などを確認してください。
その他フィリピン留学後オーストラリアなどにいかれる2ヵ国留学される方は、2ヵ国目のビザや航空券が必要になります。こちらは出来る限り日本出発前に準備をすることをお勧めします。

現地で必要になるもの

洋服Tシャツ、短パン、長ズボン、冷房対策の上着、下着、サンダル
※下着やTシャツは5日分程度をお持ちください。
洗面用具歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、ボディーソープ、タオル類など。
※現地で安く購入もできますが、こだわりがあるものなどは日本よりお持ちください。
電気製品パソコン、デジカメ、電子辞書、ドライヤーなど。
※フィリピンは電圧が220Vとなっており日本の100Vと異なります。しかし、最近のパソコン、デジカメ、携帯などは海外仕様にもなっておりそのまま利用することができることが多くなっています。ドライヤーは一部の海外仕様のものを除いて利用する事ができず、また消費電力も多いので対応する変圧器は大型になりますので、海外仕様のものを日本でご利用頂くか、現地でご購入頂く形になります。
常備薬風邪薬や胃腸薬など持って行くと安心です。日本で常用している薬がある方はお持ちください。
その他折り畳み傘、水着、帽子、日焼け止め、サングラスなど

授業で必要になるもの

筆記用具現地でも購入可能ですが、日本からお持ちいただく事をお勧め致します。
電子辞書現地では購入するのは難しいので日本からお持ちください。教室部分はネットが繋がらない学校もありますので、オフラインで利用できる辞書をお勧めします。
日本語の参考書基本的に学校で利用する参考書は英語表記のみとなります。文法などは日本語で勉強した方が効率が良い場合もあり、またより理解を深めることができます。