フィリピンは7,000を超える島からなる国で都市によっても雰囲気、気候も異なります。留学スタイルは1人1人異なるので自分にあった都市を選ぶ事が重要となってきます。現在はセブが一番人気で学校の数も一番多く、ストイックに勉強型、アクティビティーも楽しみたい型、バランス型など全てのニーズに対応できる都市となっておりお勧めです。

セブ

フィリピンの首都マニラより飛行機で約1時間の場所にある、日本でも最も有名なフィリピンの都市。
成田からの直行便もあり日本からも4-5時間とアクセスも楽々です。2014年12月からはフィリピン航空が関空やセントレアからも直行便を就航させます。

フィリピン留学で数ある都市の中でもNo 1の人気を誇る都市で学校の数も多く、様々なスタイルの学校がある為に希望にあった学校を見つけやすいという魅力があります。セブは「日本人が多くて遊んでしまいがち」というイメージもありますが、セミスパルタ式、スパルタ式など含めて様々な学校スタイルがあるので真剣に勉強できる環境が整っている学校も多いという特徴も持ちます。

学校同士 の競争も激しい為に切磋琢磨した結果、人気校などでは講師の質、設備などが非常に充実しており満足度の高い学校が多いのも大きな魅力の1つです。
週末には マリンレジャーを始め息抜きする場所が多数ある為に、ONとOFFを使い分ける事ができる街でもあるので、観光派からガッツリ勉強派まで幅広い層に支持さ れている人気の都市です。

セブの学校をみる

クラーク・ターラック

クラーク
フィリピンの首都マニラから車で2時間~2時間半北上したところにある街です。

日本ではそれ程メジャーではありませんが、正確にはクラーク経済特区という名称で1991年までアメリカ空軍の基地があった街で 現在は高級ホテル、カジノ、国際会議場、ゴルフ場など多くの設備を備える注目度の高い都市です。
現在の所日本からの直行便はないのですがマニラから飛行機を乗り継ぐ必要が無く(マニラ空港から車で移動)移動時間を節約できる穴場スポットにです。

歴史的に現在も多くのアメリカ人が生活をしておりフィリピンでありながらアメリカにも触れることができる都市となっています。学校によっては講師は全員欧米ネイティブという特徴を持っていたりとユニークな面を持ち合わせます。
学校の数もセブに続いて多くなっており様々なライフスタイルに対応できる都市でもあります。

ターラックはクラークから車で約1時間の場所にあり、周りに誘惑となるお店が殆ど無く治安が良く、しっかり勉強 に集中できる環境にあります。
週末などは気軽にクラークに出られるというONとOFFを使い分けができる生活ができるお勧めの街となっています。

クラークの学校をみる

マニラ

フィリピンの首都として世界的な知名度を誇る大都市です。
フィリピンの中でも突出して大きな街でエリアによりその雰囲気までも変わる街です。日本からのアクセスも非常に楽で移動時間も節約できるので、忙しい社会人の学生さんに特にお勧めです。
治安面で不安があるエリアもあるのですが学校がある場所は治安は比較的安定しており、学校のセキュリティーもしっかりしているので安心して生活することができます。
お店の数も非常に多く退屈しない街ですが、物価は他の都市と比べて高めとなっています。

マニラの学校をみる

バコロド

首都マニラから飛行機で約1時間の場所にあります。
日本ではマイナーな都市ではありますが、フィリピンの中でも特に治安が安定しており、物価も安めで住みやすい都市としてフィリピンの人々からも高い支持を集めている街です。
派手な観光地は無いものの街並みは綺麗で落ち着いた雰囲気の中生活ができます。街の規模も小さくなく、学校の回りにも大型ショッピングセンターやコンビニ、レストランなどがあり便利に快適に生活することができます。
日本人の少ない穴場スポットして今後注目が高まる都市となっています。

バコロドの学校をみる

バギオ

首都マニラから車で約7時間程北上した山の上にある街。
移動がタフではありますが、常夏のフィリピンの避暑地としても有名な街で気温が他都市に比べると涼しいのが特徴です。複数の大学や政府機関もあり落ち着いた雰囲気をもっている都市です。

1年を通してエアコンが無くても生活できる日も多く、朝晩や雨が降った日などは羽織るものが必要になる位涼しくなることもあります。山の上にあるというこ とで雨季の6月~11月は、ずっと雨が降り続ける日も多くなりますが、暑い所が苦手だと言う人にお勧めの街となっています。

バギオの学校をみる