オーストラリア留学

オーストラリアワーホリ年齢制限

オーストラリアのワーキングホリデーの申請時の年齢制限が変更!

2017年から現在30歳だった年齢制限が35歳に引き上げが決定しました。

今まで30歳を超えてしまってワーホリを諦めていた方に朗報ですね。

ワーキングホリデー税も決定

2016年7月から導入が予定されており、国会でもめて半年先に結論を持ち越していたワーホリ税も2017年より19%に決定しました(年収$37,000以下の場合)。

もともとは30%強の予定でしたので、10%以上税金が安くなる計算になるのでワーホリを検討している方にこちらも朗報ですね!

年間200万円稼いだとすると20万円以上税金が安くなった計算になりますので非常にお得です。

参考:「豪 ワーキングホリデーで就労の外国人に所得税課税へ」(NHK NEWS WEB)

ワーホリビザ申請費用が$50安くなる!

ワーホリビザの申請費用が現在は$440ですが、それが$50安くなり$390となります。ビザ代が節約できるのも朗報ですね!

同じ雇用者の元で1年働くことができる!

現在は同じ雇用者の下では最長6か月しか働くことができませんでしたが、来年からは場所さえ変われば同じ雇用者の下で1年まで働けるようになりました。オーナーが複数のお店などを持っている場合がこれに当たりますね。

フィリピン+オーストラリアの2カ国留学も更に多くの方に!

今までは30歳ギリギリでワーホリを申請する通称ギリホリと呼ばれるケースの場合は、オーストラリアの前にフィリピンに行きたいけどビザの関係でフィリピン留学に時間を割けないという方もいました。

しかし、来年からは35歳までワーホリの申請ができるようになりましたので、より多くの方にフィリピン+オーストラリアの2カ国留学に参加してもらえます。

2カ国留学は現在非常に人気が高く、またオーストラリアライフの選択肢が広がり、仕事の待遇も格段に良くなるケースが多いので是非このチャンスをご利用ください。

参考:「フィリピン+オーストラリアの2カ国留学!

2カ国留学のご相談も当社ならワンストップでできますので便利です。是非お気軽に「お問合わせフォーム」からご相談ください。

オーストラリア留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介