フィリピンネタ

セブ留学は現在非常に人気が高く、セブ島の日系学校だけで大小合わせて30校はあると言われています。

韓国系の学校は協会のようなものがあり、集まってミーティングを定期的にしているようなのですが、日系の学校は代表者の個人的なつながりで会うことはあっても、多くの学校の代表者が一堂に会するというのは今まで行われたことはありませんでした。

競合なので仲が悪いということはなく、スタッフ同士はフィリピン留学セミナーなどで会う機会も多く交流があるのですが、代表者同氏は各々が別々に活動していくという状態ですね。

初めてセブ島の語学学校の代表者が集まった!

そんな状況ですが、今回はセブ留学最大の情報サイト「俺のセブ島留学」の代表の斉藤さんが主催して初めてのセブ島の語学学校の代表が集まるミーティングが開催されました。これは今まで一度もなかったことで、超レア!と言っていいミーティングです。

僕もTARGET代表者としてご招待していただいたので参加してきました。

セブ島語学学校代表ミーティング

いつもはネット上で見る方々がたくさん目の前にいて、不思議な感じでしたね(笑)

セブ島語学学校代表ミーティング

まずは俺セブの斉藤さんより、フィリピン留学全体を盛り上げるにはどうすべきかというのを客観的にみたプレゼンがありました。

やはり学校を運営しているとどうしても視野が自分の学校だけに向いてしまうのですが、客観的かつ全体的に見てみるとまた違った見方があり、自分たちでは気が付かなかった点などがあり良い勉強になりました。

さすがはセブ留学No1情報サイトの代表者だけはあります。

セブ島語学学校代表ミーティング

欧米留学にも負けない魅力がセブ留学にはある!

また、学校代表による「なぜセブ留学なのか。セブ留学にかける思い」のプレゼンもあり、各学校同じセブで学校を運営はしていますが、全く違った熱い思いをもって学校運営を行っているという話も聞けて、良い刺激になりました。

我々は学校・エージェント関係者が真剣にセブ留学のことを考えていけば、必ずセブ留学は欧米留学に並ぶ人気のある留学地になる!それを信じてみんなでやっていこうというメッセージは多くの学校代表者の心をつかみました。

セブ島語学学校代表ミーティング

また、現在アメリカ留学をメインにしているエージェントさんで、今後セブ留学も扱っていくというエージェントの代表者のプレゼンもありました。

もちろんアメリカ留学をずっと扱ってきたので、アメリカ留学のすばらしさは感じているが、それでもセブ留学はアメリカ留学を凌ぐ魅力、効果があると確信しているとのお話しでした。

セブ留学は日本人と韓国人が殆どで国籍バランスは欧米留学と比べると偏りがありますが、逆に日本人の英語教育にフォーカスできるので日本人にとっては非常に効率的で、魅力的で今後アメリカ留学に行く人も渡米前にフィリピン留学を行うという流れができてくるはずとのことでした。

もはやフィリピン留学は欧米の格下の留学地ではなく、欧米留学からみても魅力の留学地となっていることが分かりました。

セブ島語学学校代表ミーティング

最後はみなさんで記念撮影!

セブ留学業界を皆で協力して盛り上げよう!

学校やエージェントとしては競合ですが、やはりまだまだ皆で力を合わせてセブ留学を盛り上げていきたいという気持ちは一緒でした。

この会は第二回、第三回と続くかと思いますので、さらに横のつながりを強くしていき、セブ留学業界全体の底上げを狙っていければと思います。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介