フィリピン留学

セブ留学

一般的にセブのイメージと言えば「青い海」、「リゾートホテルでの豪華な休暇」のようなものが多いかと思います。

フィリピン留学でもダントツの人気を誇るのがこのセブエリアです。

ただ、セブのイメージが先行してかちょこちょこ学生さんから訊かれるのが「真剣に勉強したいのですが、セブに行く学生は遊び中心の人が多いと聞くのでセブ以外の学校が良いのでしょうか」というもの。

確かに、イメージだけで考えるとそうなるのもわかります。

セブ留学はリゾート派からストイック派まで対応ができる

セブには学校が集中して集まっており、かなり小さい学校まで合わせると100校程度の学校があると言われています。

その中にはセブの観光をメインにのんびり英語に触れながら勉強をしたいといういわゆるリゾート留学を満喫できる学校もあります。日頃の仕事の疲れを癒しつつ、ちょっと英語も勉強したい。そんな人もセブ留学はおすすめできます。

一方、ストイックに勉強したい!という学生さんにおすすめできるスパルタ式を採用している学校も複数あり、土日も含めて英語の勉強が強制的に組み込まれている学校もあります。

つまり、セブはリゾートライフの満喫を目的としたリゾート留学から、徹底的に勉強にフォーカスしたストイック留学まで対応ができる選択肢の幅が最も広い都市と言えます。

緩急つけた留学ライフが英語力の伸びを左右する

ストイック派をご希望される学生さんにありがちな失敗例なのですが、あまりに「この留学で英語力を極限まで上げるぞ!」という気合が入り過ぎてしまい、途中で挫折してしまうというケースがあります。

人間は短期間であれば、無理が利きますが中長期となると無理はききません。やはり定期的なリフレッシュが必要となり、このリフレッシュが英語力の伸びにも直結します。

参照;「英語力を効率的にアップさせるため、あえて勉強しない!」

このポイントを加味すると、セブ留学は平日は思いっきり英語の勉強に集中し、週末は逆に思いっきりリフレッシュをする、その選択肢が非常に多く効率的な勉強環境が揃っている場所とも言えます。

イメージではなく、自分にあった環境がある学校を選ぶことが重要

もちろん、全ての人にとってセブがベストな選択肢というわけではありません。他の都市にも評判の高い学校はたくさんありますし、学生さんから良いフィードバックを頂く事も少なくありません。

一番重要なのは、何となくのイメージだけで決めつけてしまわず、自分がこの留学に求めるものはどのポイントなのか、それを達成できる環境が揃っている学校はどこかを調べる事です。

ネット上にはたくさんの情報があり、都市選び、学校選びで迷われてしまう方も多いと思います。私たちのもとには最新の学校情報、学生さんからのフィードバックがたくさんあつまってきますので、ご希望に合わせた学校をご紹介することが可能です。

フィリピン留学で迷われたらお気軽に「お問合せフォーム」からご相談ください。

あなたのご希望にあった学校をご紹介します。

フィリピン留学,学校選びのポイント

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介