フィリピンネタ

セブのお正月

新年、あけましておめでとうございます。

ということで、2016年をここセブで無事に迎えられました。

本来はおせち料理を食べたいところですが、セブでは食べられなかったので、その代わりに美味しい日本食レストランとして有名な「知暮里」で豪華なお弁当で新年を祝いました(笑)。ちなみに、この豪華さでお値段749ペソ(約1,872円)とおせちの変わりとしてはお得感があり、良い1年のスタートが切れました。

フィリピン留学は年末年始も学校が開いているので、お正月をセブで迎えられた学生さんも沢山いらっしゃいます。来年の年末は自分もフィリピン留学を!という方も大勢いらっしゃるのではないかと思います。

その際にちょっと気になる事がありまよね。

セブのお店は年末年始は営業しているのか?

今では日本では年末年始も営業しているお店が多くなっており、非常に便利ですが、20年~30年前はお正月は殆どのお店が閉まっており、年末に買いだめしておかないとお正月に食べるものがなくなり困った!なんて事が実際に起こっていました。

果たして、発展途上国のフィリピン・セブはどうなんだろうか?ということでITパーク周辺の様子をチェックしてみました。

1.語学学校

フィリピン留学の学校は基本的に365日休まず運営されており、食事なども含めて年末年始も通常通りのサービスが提供されます。

ただし、授業は通常の時期より減る事が多くなっているのでご注意ください。学校によっては年末年始集中コースを開講しています。

2.レストラン

日系・韓国系のレストランやカフェは通常通り営業してるところが多いです。一方地元のレストランは31日、1日はお休みにしているところが目立ちます。ただ、ITパークなど旅行者を相手にしているレストランなどは営業しているレストランが目立ちます。

3.マッサージ

営業している所と休みの所が半々位です。ただ営業していても、エステシャンの数が少なく待ち時間が長かったり、料金の高いコースのみ選択できるような特別な形で営業しているお店もあります。

4.ファストフード

どこも営業しています。ただし、24時間営業のお店であっても大晦日は午後9時までの営業になっているところも多かったです(クリスマスも同様)。因みにITパークのスターバックスは深夜まで営業をしていました。

5.コンビニ

通常通り営業しています。

6.両替所

ITパーク周辺の両替所は閉まっていました。

ATMは使えるので、海外で引き落としができる銀行のカードをお持ちになると便利ですね。

7.ナイトクラブ

最近セブにも新しいクラブが複数できて、若い人を中心に人気スポットとなっています。各ナイトクラブは年越しカウントダウンイベントなどを開催しており、かなり盛り上がりを見せているようです。

また、男性向けのカラオケやクラブなどは営業している所は限られているようで、女性スタッフ数は少なく盛り上がりにはかけることが多いようです。

8.タクシー・ジプニー(地元のバス)

お店ではありませんが、タクシーやジプニーも運行しています。ただし、台数はだいぶ少なくなるので、移動の際は時間に余裕をもったスケジュールを立てましょう。もちろん、料金は通常料金のままです。

まとめ

年末年始でも意外と思ったより、いろいろなお店は開いています。もちろん、リゾートホテルなども営業しているので、年末年始はセブ留学で英語の勉強をしつつ、年越しは豪華リゾートでなんていうプランもおすすめです!

その他、日本は三が日がお休みですが、フィリピンでは2日から通常の状態に戻ります。オーストラリアもそうなのですが、クリスマスが25日以降もずっと続き、年末のカウントダウンでクリマスが終わり、1月1日は通常の日曜日、2日から通常モードという感じになっています。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介