4つ星★★★★☆

今では日本では食べられなくなったレバ刺し、タン刺しが楽しめる焼肉屋があるという情報を聞きつけて、早速行ってきました!

場所はSMショッピングセンターの近くにあるWhite Gold Clubというショッピングセンターの駐車場奥にあります。
地図はこちら。

粋

お店がオフィシャルな地図はこちら。

粋

White Gold Clubの駐車場は夜はひっそりしているので、本当にこの奥にあるのかな?というちょっと不安になります(笑)

粋

駐車場の奥に進むと左手にそのレストラン「粋」が見えてきます。

粋

英語表記無しの日本語オンリーののぼりが印象的です。こんなお店がこんなところにあるなんて!

粋

お店は外のみになっているカジュアルな雰囲気です。席数は30席程度になるので、大人数で行くときは予約をした方がいいかと思います。

粋

ドラム缶焼肉というのが目を引きます。

基本的に休みはなく、朝11時から夜10時まで営業していますので、ディナーだけではなく、ランチも行けますね!

粋

テーブルの下がドラム缶でできています。ドラム缶をそのまま使うというコストを下げつつも面白いアイデアで良い雰囲気を演出しています。

またテーブルを簡単に動かせるので大人数で行っても同じテーブルで食べる事ができます。

粋

メニューをみてみましょう。キムチ、サラダ、ナムル、サンチュは無料で食べ放題です!これはうれしいですね!

粋

日本では今では食べられないレバ刺しとタン刺しがあります。しかも180ペソ(約450円)とお手ごろ価格!

粋

ビールは45ペソ(約112円)と一般的なレストランより5-10ペソ程度安くなっています。ワインや焼酎などもあります。

粋

焼肉は炭火で焼きます!これは期待できます。

粋

こちらは無料のサラダ。これがめちゃくちゃおいしいです!おかわり自由ということもあり、みなさん箸がとまりません(笑)

粋

こちらは無料のナムルの盛り合わせ。こちらはやや油っぽかったですが、肉と一緒に食べるとGood!

粋

定番の無料キムチ。しっかり発酵していて僕は好きなキムチでした。

粋

ボリューム満点のハラミ。400ペソ(約1,000円)

粋

炭火で焼いた焼肉はやっぱりおいしいです!定員さんが焼いてくれるので、楽々です。

粋

こちらはホルモンの盛り合わせ。こちらもボリュームたっぷりです。レバーの臭みが苦手という方も多いかと思いますが、こちらはあまり臭みを感じませんでした。200ペソ(約500円)

粋

こちらは大きなポークステーキ。脂が少な目で素敵です。270ペソ(約675円)

粋

ポークステーキなども定員さんがカットしてしっかり焼いてくれますので楽々です。

粋

たまごスープ。やさしい味で、途中でホッとしたいときにピッタリのスープ。ライスと合わせて50ペソ(約125円)

粋

石焼きビビンバ。こちらは普通でした。200ペソ(約500円)

粋

こちらが噂のレバ刺し!歯ごたえもしっかりあり、非常においしいです!日本ではもう食べられないというレア感もあり喜びも倍増!

180ペソ(約450円)

粋

こちらタン刺し。僕は初めて食べたのですが、これがまた歯ごたえが絶妙でおいしいです!もともとタン好きなのでこれはスマッシュヒット!

180ペソ(約450円)

粋

土鍋雑炊。こちらもやさしい味で、ほっとする味。焼肉の後に雑炊で〆る。いやあ、ここがセブであることを忘れてしまいます。最高です。

お値段300ペソ(約750円)

粋

今回は、セブの語学学校English Fella、TARGET、CG、Philinterのstaffの方々との懇親会でした。

学校同士は競合相手ではありますが、スタッフ同士は非常に仲が良いことが多く、このようによくスタッフさん同士でご飯を食べたりしています。

ドラム缶焼肉 粋のまとめ

お店の雰囲気はカジュアルで皆でわいわいやるのに最高な雰囲気です。場所が最初ちょっとわかりにくいですが、隠れ家的なレストランとして知っているとポイントアップ!

日本では食べられないレバ刺し、タン刺しがお手頃価格で楽しめて、本格炭火焼焼肉を楽しめるこのレストンおすすすめです!

予算は500ペソ~600ペソ(約1,250ペソ~1,500円)

4つ星★★★★☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介