フィリピンネタ

フィリピンの電気代は高い

フィリピンは物価が日本の1/3~1/5と言われています。

確かに、生活費や人件費は日本と比べると非常に安いと思う事も多々あります。

しかし、全てのものが安いというわけではありません。家電など輸入に頼っているものは日本と同等か場合によっては高いというケースも少なくありません。

またフィリピンで高いと言われる代表が電気代です。

フィリピンの電気代はアジアで1番高い!?

フィリピンの電気代は日本やシンガポールよりも高いと言われています。国により電気代の決め方が一定ではないので一概に比較はできませんが、フィリピンの電気代はアジアでTOPレベルなのは間違いないようです。

フィリピンに長期で済んでいる人のブログなどでも度々電気代の高さが報告されています。

もちろん、フィリピンの庶民の人々も同料金なので我々外国人の感覚よりはるかに高いと感じており、節電に敏感になっている方も多いですね。

セブの電力会社はVECO社

セブの電力会社はVECO(VISAYAN ELECTRIC CO., INC.)1社なので、競争が無いのもその原因の1つかもしれません。

これは日本でも一緒ですが、競争がないと料金は高くなる傾向にありますね。

様々な費用が加算される電気代

フィリピンの電気代にはさまざまな料金が加算されています。

一例として下記のものがあります。

Generation Charge:発電料金

Transmissiton Charge:送電料金

Distriburion Charge:配電料金

Metering Charge:メーターの設置、メンテナンスなどの料金

その他「Universal Charge」というものもあります。詳細は下記のものがあります。

Missionary Electrification:電力供給が遅れている地域への電力システムの設置費用

Environmental Carge:環境への負荷を避けるために使われる費用

などなど、上記に料金以外にも様々な料金があり、もちろん消費税もこちらに加算されます。

盗電の料金も利用者負担

請求書にはSystem Loss Chargeという欄があるのですが、これは配電上システムの欠陥からロスしてしまった電気代のことです。

これは電力会社のシステムの問題なんから電力会社が負担して欲しいところですが、これは契約者が負担することになります。

そして、このSystem Loss Chargeの中には盗電の料金も含まれています!盗電とは電力会社と契約せずに勝手に電線から電気を盗む行為です。

日本ではもう聞くことがまずなくなった盗電ですが、フィリピンではまだ存在しておりその費用を契約者が負担するという何とも納得しにくいシステムになっています。

1人暮らしの平均の電気代は約6,500円

もちろん、この金額は個人差がありますが、僕の場合は下記の条件になっています。

1.ワンルーム
2.平日昼間はオフィスにいるので部屋の利用はない
3.週末は半日は外出している
4.エアコンは25度設定で1日平均3時間程度利用
5.その他に電気代がかかりそうな主なものは冷蔵庫、ウォーターディスペンサー、PC

1人暮らしとしては平均的な生活かと思われます。使用電気量は平均200kWh/月で料金は約2,600ペソ(約6,500円)

フィリピンの学校の電気代は赤字になっているところが多い

フィリピン留学では電気代を現地で徴収しているケースが多く、平均月1,500ペソ(約3,750円)程度となっています。

はじめてフィリピンに来た学生さんですとフィリピンは物価がものすごく安いので、学校の電気代は取り過ぎているのではないか?と思う方もいらっしゃいますが、学校は寮の他にも教室やコモンエリアなどにも電気代がかかり、合計すると電気代は赤字になっているケースが殆どです。

フィリピンの電気代は日本よりも高いという事を覚えておくと、納得の料金となるので良いですね。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介