4つ星★★★★☆

LAGUNA

学校の先生におすすめのフィリピン料理レストランはどこと訊いたところ、返ってきたのがこのLAGUNA。

カジュアルなフィリピンレストランも良いけど、たまにはちょっと落ち着いた雰囲気でという時に特におすすめです。

こちらはアヤラショッピングセンターの中庭の1階部分にあります。

地図はこちら。

エントランスはこちら。裏側にもエントランスがありますが、そこまで目立たず素通りしてしまいがちな外観です。

LAGUNA

しかし、一歩中に入るとかなり広く、内装も豪華な感じに。

LAGUNA

かなり広いので、30~40人程度のパーティーも開けますね。

LAGUNA

数多くの賞も受賞しているまさにセブを代表するレストランです。

LAGUNA

テーブルのセッティングもしっかりしていますね。

LAGUNA

メニューを見てみましょう。写真はあまりなく、英語表記で、しかもフィリピンの料理名そのものの表記のために、その料理をしらないとアウトというものもあります。

LAGUNA

料金的には1品200ペソ~300ペソ(約500円~750円)程度が多くなっています。

LAGUNA

フィリピン人の大好きな肉料理ももちろん充実しています。ただ、個人的にはセブのビーフはなぜかあまりおいしくないことが多いので、チキンとポークがおすすめです。

LAGUNA

こちらホットのカラマンシージュース。カラマンシーはフィリピンで非常に人気のある柑橘類の一種。こちらではシロップが別についてきてお好きな甘さで楽しめます。カラマンシーだけだとかなり酸っぱいです。60ペソ(約150円)

LAGUNA

こちらフィリピンのお刺身と言われるキニラウ(Kinilaw)。生の白身魚の酢漬け。僕は結構すきなので他のお店でも頼むのですが、こちらのお店はもっとも魚の量が多いですね。通常ここまで魚が入っていない事が多いです。流石はLaguna!195ペソ(約487円)

LAGUNA

イカリング。スイートチリソースをかけて食べます。普通のイカリングでした。195ペソ(約487円)

LAGUNA

こちらはフィリピンで大人気のガーリックライス。フィリピンに来てからすっかりハマってしまいました。60ペソ(約150円)

LAGUNA

Adobong Kangkongという空心菜のマリネ。ちなみにAdobongがマリネという意味です。ちょっと甘い味でご飯が進む一品です。僕は大好きなフィリピン料理の1つです。165ペソ(約412円)

LAGUNA

シニガンスープ。酸味が利いたあっさりスープです。今回は中身はポークになっています。こちらもフィリピンの代表的な料理の1つです。酸味の利いた料理はあまり好きではないのですが、こちらは不思議と食べられます。265ペソ(約662円)

LAGUNA

フィリピンステーキという名の料理。なぜこれがフィリピンステーキというのか不明ですが(笑)

ビーフを甘いソースで炒めた料理です。295ペソ(約737円)

LAGUNA

Pandan Chiken。チキンのから揚げ。これは日本のから揚げと殆ど一緒ですね。こちらのお店では骨付きのチキンを使用していました。チリソースが付いていましたが、このままでも十分に味が付いていて美味しいです。235ペソ(約587円)

LAGUNA

Turon Banana with Langka。こちらはフィリピンの代表的なデザートの1つ。バナナの春巻きです。カラメルがかかっていてかなり甘いですね。個人的には特別美味しいということはありませんが、フィリピンぽさを感じる事ができる1品です。85ペソ(約212円)

LAGUNA

今回はセブの日系学校TARGETの先生達との夕食でした。やはりこういうお店は地元の人と来ると色々な美味しい料理を選んでくれるので、是非皆さんもフィリピン留学に来た際は、フィリピン人の先生と一緒にレストランにいってみてください!

LAGUNA

LAGUNAの感想

地元でも非常に有名なレストランだけあって料理の質は高いですね。同じ料理であっても他のカジュアル店より良い素材を使っているなというのが直ぐにわかります。

内装もおちついたものになっているので、ちょっと特別な日などに利用することもおすすめします。

予算は400ペソ~600ペソ(約1,000円~1,500円)

4つ星★★★★☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介