フィリピンネタ

フィリピンのATMでカードがつまったら

フィリピン留学中に日本のクレジットカードや国際キャッシュカードを使ってフィリピンのATMからお金をおろすことができて便利です。

お金の引き出し方にはついてはこちらにまとめてあるのでご覧ください。
【フィリピン留学中にATMでのお金の引き出し方!】

ここで注意したいのはATMの利用時にカードが出てこないということ事態が起こります。確率的にはそこまで高くないのですが、ちらほらと聞くので超レアケースということではないようです。

しかも、カードは出てこなくても次の人がそのまま使えるので初めての経験だと焦ってしまいがちです。

しかし、下記の手順で対応すればカードは取り戻すことができますので安心してください。

飲まれたカードの取り戻し方

1.ATMナンバーをメモする

フィリピンのATMでカードがつまったら

ATMにはそれぞれナンバーがついているのでメモします。携帯カメラなどで撮影すると楽ですね。

2.近場の支店に行く

フィリピンのATMでカードがつまったら

利用したATMの支店に行き、カードが飲まれてしまったことをスタッフに説明します。

3.詳細を銀行スタッフに伝える

続いて、スタッフに下記の内容を伝えます。

1)利用したATM番号(大体の場所):携帯で撮影したものを見せると早いです。
2)カードの種類
3)カードの名義
4)カードが飲み込まれた日時
5)自分の連絡先

※今後のためにその際に銀行の担当スタッフの名前とコンタクトディテールを確認してください。

4.1-2営業日でカードが回収されたという連絡が届く

カードの回収は定期的に行われており、平均1-2営業日で回収されます。土日・祝日は回収作業はないので営業日で計算します。

5.カードが届いたという連絡が入ったら受け取りに行く

カードが届いたという連絡が入ったら、パスポートなどの身分証明書を持参して支店に行く。2-3営業日経っても連絡がない場合はこちらから連絡をいれましょう。

6.カードが無事に戻ってくる

銀行で所定の書類に記入するとカードを戻してくれます。

まとめ

銀行のカードが出てこないという状況は非常に焦るものですが、フィリピンではちょこちょこ発生していることなので上記のことを頭にいれておくといざという時に焦らず対処できます。

また、学校に通っている学生さんであれば学校スタッフが銀行とやり取りをしてくれることが多いのでATMナンバーだけ覚えて、学校のスタッフに相談してください。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介