フィリピンネタ

それは突然の事でした。

アドベンチャー乗馬で仲良くなったAntonさんから「明日フィリピンで新しく導入される医療システムのオープニングパーティーがあるけど参加する?」と突然のお誘い。

※乗馬の様子はこちら【フィリピン留学中絶対に行くべき!超本格乗馬体験ができる「Big Q FARM」】

当然僕は全く医療とは関係ない業界ですが、全く関係ないからこそ面白そうだということで早速いつもの食い倒れ部のメンバーで行ってきました。フィリピンは日本以上に横の繋がりが強く、現地の友人を作れるといろいろとお誘いがあったりします。

フィリピン留学中信頼できるフィリピンの友達を作ると面白い経験ができるのもこのフィリピン留学の大きな魅力。

今回の会場はラディソンブルーホテル(Radisson Blu Cebu)というセブの市街地にある5スターホテル。

ラディソンブルー

エントランス前には噴水もある将に豪華ホテルですね。

ラディソンブルー

こちらのブログのレギュラー陣の食い倒れ部。Brilliant Cebuの校長先生河合さん(左)とUBECのスタッフの今井さん。ラディソンブルホテルということで気合十分です(笑)

ラディソンブルー

会場は2階のパーティー会場です。

ラディソンブルー

本日の会場となるSan Martinホール。

ラディソンブルー

到着するとブュッフェスタイルの食事が用意されていました。(実は詳細は何も聞かされておらず何が行われるのかも良くわからずの参加でした(笑))

ラディソンブルー

さすが5スターホテル、上品なプレゼンテーションです。

ラディソンブルー

1つ1つ小皿に入っているなど手が込んでいます。そしてこちらのフィンガーフードを全種類食べてみましたが、どれも美味しいく、さすが!と思いました(笑)

ラディソンブルー

裏はスイーツゾーン。こちらのケーキもまたどれもなかなか美味しくてついつい食べ過ぎてしまいます。

ラディソンブルー

そうこうしている内に、本日の本題のプレゼンテーションが始まりました。HEART LINEという心臓発作対策の新しい医療サービスのようです。

ラディソンブルー

こちらはイスラエルで開発されたシステムとのことで既に世界45カ国で導入されており、今回フィリピンでもこのサービスを開始するとのこと。簡単に言うと、家庭で自分で心臓の脈やその他のデータを取りそれをコールセンターに送ることで、そこにいるドクターからアドバイスをもらったり、病院を手配してもらったりできるシステムのようです。

ラディソンブルー

多くの人が参加していて、皆真剣に聞き入っています。TVや雑誌の取材スタッフも来ていました。

ラディソンブルー

我ら河合さんも真剣に話を聞きます。

ラディソンブルー

でも、お腹が減っているのでケーキを食べちゃいます(笑)招待してくれたAntonさんもこちらにやってきてくれました。

ラディソンブルー

フォーマルな場であるのですが、やはりフィリピンなので皆さんカジュアルな雰囲気全開。全く関係ない我々にも皆さん気軽に話しかけてくれてこういう場でも楽しめてしまいます(笑)

ラディソンブルー

中央の方は弁護士の方で日本の筑波大でも1.5年間学ばれたとのことで片言ですが日本語が話せたりしてもします。フィリピンの方々は本当に親日的で日本人というだけで皆さん本当に良くしてくれます。先人に感謝ですね。

ラディソンブルー

プレゼンが終わった後に記念にスピーカー席に(笑)

ラディソンブルー

その後は談笑タイム。今回はこちらの写真の右から2番目の女性がこちらのシステムをフィリピンに導入する際の費用を投資したということ。少し話をしましたが、将にセレブという雰囲気があふれています。

ラディソンブルー

その後食い倒れ部は近くのカフェに移動。そして、今夜はなんとこちらのブログにレギュラー出演して頂いた河合さんが明日日本にご帰国される日でした。といってもBrilliant Cebuの校長のポジションはそのままに、日本で更にBrilliant Cebeとフィリピン留学の広報活動に力をいれるとのことで、引き続き学校運営に強くかかわっていきます。

今井さんから思い出の写真とフォトフレームのプレゼント。この写真の時から食い倒れ部が始まりました。

ラディソンブルー

そしてしばらく見納めになる。河合さんとの食い倒れ部のポーズ。

ラディソンブルー

河合さんが居なければこのブログでもここまで多くのネタを提供することはできませんでした。

「セブ留学をもっと充実したものに、学生さんのために目の前にある事に一生懸命取り組むだけ」という姿勢に刺激されることが多くありました。ここには書ききれない多くのことを学ばせて頂き、本当にありがとうございました。

これからお互いの場所は日本とフィリピンと離れてしまいますが、今後もフィリピン・セブ留学を一緒に盛り上げていければと願っています。

セブ食い倒れ部
石原智之

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介