2つ星★★☆☆☆

セブ市街地にある高級ホテル「ウォーターフロントホテル」内にありイタリアンレストラン「La Gondola(ラ ゴンドラ)」にいってきました。

地図はこちら。ITパークの横にある大きなお城のようなデザインのホテルです。

こちらで先日紹介した【ウォーターフロントホテル内の本格中華レストラン「TIN GOW」】の目の前でしした。
http://www.philippine-ryugaku.com/2015/07/tin-gow/

エントランスはこちら。

La Gondola

店内は古代ローマをイメージした作りになっています。

La Gondola

レジには多くのお酒のボトルが並びます。

La Gondola

こちらは厨房が見える形になっています。

La Gondola

こちらはピザ釜。見える所で焼いてくれます。

La Gondola

メニューをみてみましょう。パスタは300ペソ~500ペソ(約750円~1,250円)ホテル内のレストランだけありお高い料金設定。

La Gondola

ピザは400ペソ(約1,000円)前後。

La Gondola

メインコースは約600ペソ~900ペソ(約1,500円~2,250円)とこちらも強気のお値段。ホテルのレストランとすれば妥当?

La Gondola

まずはセブではあまり見かけないジンジャーエールをオーダー。久々にのむカナダドライ。

このカナダドライがのちのちトラブルを巻き起こすとはこの時は誰も知る由がありませんでした。。。

La Gondola

こちらは一押しのピザ。中央の半熟たまごが非常にまろやかな味を演出してくれる一品。かなり美味しいです。

La Gondola

やっぱり、良いお店は美味しいね~。喜んでいた所に運ばれてきたマッシュールムスープ。

ん?ちょっと見た目がどうなんだろう・・・と心配に。

La Gondola

食い倒れ部ルーキーの今井さんが挑戦!さてそのお味は

「あ、美味しい!!」と意外な結果に。僕も飲んでみたところ見た目は微妙ですが、意外といける一品でした。

La Gondola

お次はカルボナーラ。これは美味しそう!ということで食べてみると・・・

La Gondola

あれ、全然クリーミーさがない。しかもパスタはぶよぶよで正直美味しいとは言えない。。。

先ほどのスープで口直しと思ったら、スープが知らない間に下げられていました。。。まだ半分以上残っていたはずなのに。。。

この辺りから食い倒れ部のテンションは下降をたどります。

そして、お次は薄切りビーフのサラダ。

えっ!!これですか・・・プレゼンテーションがあまりに酷くはないでしょうか。いくら肉メインのサラダだっていったってこれは・・・

しかもこれ495ペソ(約1,237円)もするのに、この見栄えは。。。正直シェフのセンスが無いとしかいえないません。どうしたLa Gondola。。。

La Gondola

もう~、たばこ吸わなきゃやってられないわ!と小学生ばりの振る舞いになる今井さん。

La Gondola

かなり期待外れ・・・今日はついてなかった。早めの撤収だ!ということで、お会計を済ませました。

その後、お店を出ようとしたらスタッフさんが「すいません。ジンジャーエール(3本)の料金を請求し忘れてしまいました。こちらのお会計をさせてもらってよろしいでしょうか。」と言ってきました。

うーん、料理がかなりイマイチだったのでここでも失点だなと思いながらも、食べたものはしっかり払うのが筋ですから快くOKしました。

そして、やってきてレシートをみて驚愕!そのお値段841ペソ(約2,102円)!!缶のジンジャーエール3本で2,000円越え!もうなんだこのお店は!と思いましたが、頼んでしまったものは仕方ないということで支払いを済ませました。

しかし、いくら高級店といっても、流石に高過ぎではないかということで再度メニューを確認するとジンジャーエールは1本150ペソ。消費税をいれても3本で504ペソ(約1,260円)。

何たること!間違った請求がされていました。「もーなんだよー・・・」と思いましたが、折角の食事ですし、怒ってもしょうがないので、笑顔でそのことを告げると、なぜかスタッフが謝る事もせず「自分のせいではない」と言わんばかりの険しい顔になり、そのまま数人にスタッフとああじゃない、こうじゃないとレジ(タッチパネル)を操作し始めました。

その光景に呆然と立ち尽くす食い倒れ部3人衆。

しかし、5分経っても一向に話が進みません。レジを操作しているものの誰も我々に何も言いません。

流石にしびれを切らせて「何が問題なんですか?何かシステムに問題があるなら、とりあえず差額だけ返金して、我々が帰った後にその問題を解決してください」と伝えると

不機嫌なスタッフは「既に精算が済んでしまって、そのレコードを修正をしないといけない」も一点張り。もちろん謝るそぶりすらみせずなぜか苛立っています。

苛立っているのはこっちだよ!と言いたいのですが・・・しかし、そこはぐっと我慢して様子を引き続き見る事に。

しかし、その後も全く自体は進展せず、我々は横に立っているのに誰も何も言いません。

流石にこれはフィリピンといえど酷い対応だなあと、そろそろ怒った方がいいのか?と思っていたら、マネージャーさんが登場。

「大変申し訳ございません。直ぐに対応いたしますので、お座りになってお待ちください」と丁寧に対応してくれました。

そして、彼が何とかやりくりしてやっと返金が完了。

La Gondola

最後は笑顔でお店を後にしましたが、ちょっとスタッフの対応が悪すぎて、折角の美味しいピザまでの印象が悪くなりそうでした。

食い倒れ部のお決まりのポーズも手のひらが逆になってしまいました(涙)

La Gondola

La Gondolaの感想

料金はホテル内の高級店ということで高めに設定されており、お店の内装も高級感があります。

ピザはとてもおいしく食べる事ができましたが、まだ食べている途中のお皿をどんどん下げようとしてきたり、スープは半分以上残っていたのにも関わらず勝手に下げられるという状態。

あと料理によってはプレゼンテーションが酷いですね。味云々の前に高級店の料理であればプレゼンテーションもしっかりしないといけません。

最後の会計のトラブルがとどめとなり、今回の印象は正直かなり悪いと言わざるを得ません。

しかし、今井さんは前にも1度来たことがあり、その時は料理はおいしく、サービスも問題なかったとのことでたまたま今回がダメだっただけかもしれません。ネットでも高評価となっていることもあり基本的には良いお店なのかもしれませんので、今回の件はあくまでもご参考までに。

2つ星★★☆☆☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介