3つ星★★★☆☆

代表的なベトナム料理と言えば「フォー」ですよね。
僕もオーストラリア時代に良く会社の近くのベトナム料理レストランで食べていた好きな料理の1つ。

セブではあまりベトナム料理は見ないなあと思っていたら意外に近所にありました(笑)

ITパークから車で2分のレストラン街CROSS ROARDSの中です。セブ留学中もセブシティーにある学校なら気軽にいける場所です。

地図はこちら。

そのお店の名前は「PHAT PHO(ファトフォー)」。こちらでも紹介した同じ敷地内にあるメキシカンレストラン「MAYA」と同じアバカグループが運営しています。アバカグループはリゾートホテルやオシャレなレストランなどを運営しており、セブでは有名な会社です。

PHAT PHO

店内は狭く殆どがカウンター席となります。あ、こちらにも河合さんが!セブのアートギャラリーの帰りによったので、いつものメンバーとなっています(笑)

PHAT PHO

カウンター前には黒板に書いたメニューが並びます。

PHAT PHO

BIG Q FarmのAntonさん(写真中央)もちょこちょこ来るという地元の人からも人気のお店です。僕は撮影に夢中です(笑)

あ、今井さんが撮影しやす様に自分のフォーを手元を見ずに寄せてくれています。毎度写真を撮りまくるのでもはや無意識レベルの連携プレーができるまでに!(笑)このブログは皆さんのご協力により成り立っていることを感じる1枚です。

PHAT PHO

ピリ辛エビ生春巻き。ベトナム料理と言えば生春巻きも外せませんよね。スイートチリかセサミベースの甘いソースを付けて食べます。野菜もたっぷり取れる美味しい一品です。195ペソ(約487円)

PHAT PHO

こちらはチキンのフォー(小)。あっさりしていておなかに優しいテイスト。185ペソ(約462円)

PHAT PHO

ポーク&ビーフのフォー(小)。肉が半生のジューシーな一品。225ペソ(約562円)

PHAT PHO

スパイシービーフのフォー(小)。結構辛みが強くクセになる、河合さんイチオシのフォー。225ペソ(約562ペソ)PHAT PHO

 

PHAT PHOの感想

セブでフォーが食べられる数少ないレストランです。

アバカグループが手掛けているだけあり、サービスも良くオシャレな作りになっています。

ただ、料金の割には食べたらすぐに出ていく事を前提とした店作りになっていて、個人的にはコストパフォーマンスはあまり良くないかなと思います。

フォーの味は悪くはありません。しかし、フィリピンの人達の舌にも合うように少し手を加えられているように感じました。もう少しハーブを効かせて欲しいかなと個人的には思いました。

オーストラリアには移民の人が多いので本場のベトナム料理レストランが多く、ベトナム人相手に商売をしているところが多く味はかなり本場に近いところが多かったで、そちらに慣れてしまったかもしれません。

逆にこちらは日本で食べるフォーに近いという話もあり日本人向けにも良いかもしれません。

フォーのサイズは大と小がありますが、男性で夕飯にしっかりという場合は大を選ぶことをおすすめします。

予算は250~400ペソ(約625円~1,000円)

3つ星★★★☆☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介