2つ星★★☆☆☆

mcdonalds

最近経営が上手く行っていないというマクドナルドですが、「世界どこでも同じ味が保障されている」「物価の指標になる」ということでも知られ、ここフィリピン・セブでも街の至る所で見かけます。

今回はフィリピンのマクドナルドとその値段(価格)を紹介します。

お店は24時間営業(店舗によります)で深夜に小腹が空いた時などは重宝します。

ドライブスルーも用意されています。たまに自転車で利用している人もいます(笑)

マクドナルドドライブスルー

店内はこんな感じで特に日本とも差はないかと思われます。

マクドナルド店内

丁度minionsのプロモーションをしていました。プロモーションは世界共通なんでしょうかね?

マクドナルド

カウンターも日本と変わりありません。

マクドナルド

カウンターにはメニューはありません。今はプロモーションのおもちゃの一覧がおいてあるだけです。オーダーは英語かビサヤ語で行う必要があります。

といっても、メニューとサイズをそのまま伝えて、店内で食べる場合は「Dining in」、持ち帰りは「Take Out」と言えばOKです。Dining inが「ダイイン」に聞こえるので慣れないと「?」となるかもしれません。

マクドナルド

マクドナルドの店員さんも他のお店の同様手際はあまり良くありません(笑)下の写真の様に何故か隣のレジの人の手伝いなどを突然始めたりします。次のお客さんが待っているとかは問題ではありません。それがセブライフ。

1つのオーダーをさばくのに結構な時間が掛かるので待っている間に英語での注文の仕方をまとめましょう(笑)

フィリピンの店員さんは基本的にどこもかなりフレンドリーなので自分の英語が下手だからとか気にする必要はありません。

マクドナルド店員さん

そしてこちらがメニューです。

マクドナルドメニュー

それぞれのマックセットの料金は下記の通りです。ミディアムサイズ(M)基準。(因みに海外ではMサイズと言っても通じません。ミディアムサイズと言ってください)1ペソ=2.5円で計算

ビックマックセット:181ペソ(約452円)

クォーターパウンダーセット:179ペソ(約447円)

マックダブルデラックスセット:161ペソ(約402円)

ダブルチーズバーガーセット:150ペソ(約375円)

チーズバーガーデラックスセット:124ペソ(約310円)

チーズバーガーセット:105ペソ(約262円)

バーガーセット:95ペソ(約237円)

現在日本のマクドナルドでビックマックセットが620円とのことですので、円安となっていますがそれでも日本より安くなっていますね。

その他フィリピンのマクドナルドにはフライドチキンがベースになったメニューが充実しています。これはフィリピン人がフライドチキンをこよなく愛するという事情からの特別メニューですね。

そして、最初に驚いたのはマクドナルドにもご飯(白米)があります!日本はお米の国と言われますが、フィリピンは日本以上にお米を食べます。特に夕飯はご飯がないものは夕飯と認められないという人も多く、夕食にピザだけとかは受け入れられないことも多々あります。

こちらのフライドチキンセットは79ペソ-99ペソ(約197円~247円)となっておりお手頃価格です。

マクドナルド

今回オーダーしたクオーターパウンダーのミディアムサイズです。こちらのポテトには何も言わなくてもケチャップがついてきますね。

マクドナルド

こちらは先日食べたダブルチーズバーガーのミディアムサイズ。フィリピンはアメリカの占領を時代がありましたが、サイズについては特にアメリカンの巨大な感じはありません。日本と同じサイズだと思われます。

マクドナルド

そして、中身はこちらもまた日本と同じくメニューの写真とは似ても似つかないクォリティーです。もう少し頑張れマクドナルド!

マクドナルド

フィリピンのマクドナルドの感想

価格は日本より安くなっているのでお手頃です。24時間営業の店舗も多く深夜や早朝に利用できるのはありがたいです。

味の質は良くも悪くもマクドナルドクォリティーで期待はできません。

ファストフードなので大きな期待はできませんが、フィリピン留学中にあえて行く必要はないかと思いますが、フィリピンのマクドナルドに行ったという経験に為にあえていくというのも良いかもしれません。

2つ星★★☆☆☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介