3つ星★★★☆☆

セブの老舗居酒屋「神楽」をご紹介します。

こちらはセブの日本人界の重鎮ナオキさんが経営する居酒屋で、数多くの日本食レストランが並ぶA.S Fortuna Stにあります。

こちらが公式WEBサイトです。

居酒屋神楽

場所はこちら。ITパークから渋滞が無ければ車で5分程。

外観はかなり目立つので夜でも直ぐに分かります。ランチもやっており、バッフェ(食べ放題)も350ペソ(約875円)でやっています。

目の前には「東京たい焼き」というたい焼き屋さんの屋台があります。時間がある時は神楽の店内にも販売に来たりもします。意外と飲んだ後のたい焼きはいけます(笑)

神楽外観

入口を入ると短い橋を渡って店内奥へ。橋の下には浅い池になっており金魚もいます。ちょっと粋な演出です。

神楽入口

店内はかなり広く100名以上入るスペースがあり、大体予約無くても直ぐに入れるのが嬉しい所。お客さんは日本人がやはり多いですが、最近はフィリピン人のお客さんもちらほら見受けられます。

フィリピン経済は右肩上がりで来ているので5年前は日本食レストランではフィリピン人のグループを見る事は殆ど無かったですが、最近は結構いたりもします。中間層が出てきたことを感じる瞬間でもあります。

神楽店内

ももちろん、セブでは基本のビール「サンミゲルライト」。

セブでは基本的にビールは3種類で「サンミゲルライト」「ピルセン」「レッドホース」となり、徐々にアルコール度数が強くなります。僕はお酒は弱いのでサンミゲルライトでも2-3本も飲むとかなり良い感じになる安上がり体質です。

サンミゲルライト

フィリピンではビールはとても安く、スーパーで買えば1本約25ペソ(約62円)、居酒屋などのお店で飲んでも1本60ペソ(約150円)程度と激安です。ビール好きの人にとっては天国のような所です(笑)

こちらは焼き餃子とアジフライ。日本の居酒屋を思い出す一品です。

焼き餃子とアジフライ

マグロユッケとだし巻玉子。マグロユッケはかなりお勧めの一品です。だし巻玉子は玉子好きから言わせてもらうともう少しサイズが欲しいかな。

マグロユッケ

南国ならではの巻きずし。真ん中に見えるたくあんのようなものはマンゴーです。えっ!?マンゴーとご飯&しょうゆ?と最初思うのですが、これが意外といけます(笑)

ロール寿司

居酒屋定番メニューの焼うどん。鰹節がしっかり利いた一品です。濃い味でおなかに溜まる一品です。

焼きうどん

こちらは「お好み焼き」。大阪出身の人からは不合格を頂いてしまいました。「キャベツをもっといれて、ふわっとしないと。大阪で出てきたら『どうしたの、これ?』っていわれるでー」とのこと。

流石はお好み焼きのメッカの大阪です。まあ、ここは大阪ではなく、セブなのでご愛嬌ということで(笑)

お好み焼き

その他アイスなどのデザートも充実しており、甘党の方も満足してもらえるかと思います。

居酒屋 神楽の感想

味は正直メニューによって当たり外れありますが、メニューの数も200種類以上とバライティ豊かで、大人数でワイワイ盛り上がれるお店なので、飲み会などでは重宝します。

その他神楽はレストランの裏にマッサージと銭湯も設置されています。しかもマッサージは神楽を利用した方はなんと50%OFFとお得です!

フィリピン留学は1日勉強漬けで疲れるので、お酒を飲んでマッサージで頭と体をリフレッシュしてはいかが?

★居酒屋 神楽★
電話:03-2346-0088
予算:600-1,000ペソ/人
クレジット―カード払い可

 

3つ星★★★☆☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介