フィリピン珍道中日記

ダイビングショップ「アクアスケープ」でお世話になった際に、今夜気軽にいける日本食レストランはないですかねえ?とオーナーのヒロさんに伺ったところ

それなら「居酒屋だるま」がお勧めですよ。あそこのオーナーは面白い人で、僕達もちょこちょこ行くので、今夜一緒にいきましょうか?

とのことで、早速「居酒屋だるま」に行ってきました!

だるまは空港から車で5分程の所にある大型ショッピングセンターガイサノマクタンの正面にあります。

大通りに面しているので直ぐにわかります。

店構えはTHE居酒屋なので、オーストラリアに住む私にとっては懐かしくテンションがあがります。

 

お店に入ると「いらっしゃいませ~!」という元気良い声で迎えてくれます。おお日本っぽい!

店内は日本でよく行っていた地元の居酒屋のようでアットホームな雰囲気で落ち着きます(笑)2階には広々とした座敷もありますので団体での利用もできます。

奥には本棚があり、日本の漫画や小説が沢山置かれていました。

 

ハンター×ハンター、こち亀、ゴルゴ13、サラリーマン金太郎などかなり充実しています。最近では近くの語学学校Philinterの学生さんの間にも口コミで広がり沢山の学生さんも利用しているとのこと。英語の勉強で疲れたときは、こういう日本を感じられる所息抜きにもなって良いですよね!

店内には無線LANも設置されているのでネット接続も出来ます!

また、店内のテレビではNHKが放送されており、この日は大晦日だったので紅白歌合戦が流れていました。いやあ紅白歌合戦を見たのは何年ぶりかなあ~。ここにいると本当に日本にいるのではないかと錯覚してしまう位しっくりきます(笑)

お客さんは、観光客やセブ在住の日本人をはじめ、地元の人も良く利用しており幅広い層から支持されています。

こちらがオーナーの山本さん。日本では名古屋で複数の飲食店を経営されたいた方。セブの日本人からは「だるまの大将」として親しまれており、地元の人からも「TAISHO」と呼ばれていてとても顔が広く、あちこちでその名前を耳しました。

MTSCのパンフレットをもっての撮影。ありがとうございます!
物腰柔らかい口調が印象的で、軽快なトークの為10分もすると昔からの知り合いのような感覚になりました。
いきなり話が盛り上がりじゃあ記念にと大将、ヒロさんと記念撮影をパシャリ!

大将は面倒見がとても良い方で、スタッフの家族が仕事がなくて困っていると言えば知り合いが山を持っているのでそこにバナナ畑を作りそこの管理人としてのポジションを作ったり、スタッフの多くが小さなお子さんがいて仕事中育児が大変だと相談を受ければ、自宅に託児所を作ったりとそのパワフルさに脱帽させられます。そんな大将なので、様々な相談をしに来るお客さんも多いようです。確かに話していると飾らない安心感のある癒し系の雰囲気があります。

もちろんスタッフからの信頼も厚く、最初は苦労した人材も最近は安心して任せられるスタッフもだいぶ出てきたとのことでお客さんの満足度も上がっているとのこと。

やはり南国フィリピンと日本では仕事のやり方や質が全く異なります。日本のレベルを求めるのはほぼ不可能。しかし気長に何度も何度も色々な方法で日本のスタイルを教えてきたので、今でも日本と比べればまだまだな所も多いですが、最近はかなり良くなってきましたよ。と大将。

確かに、スタッフの方は皆さん元気でテキパキと働いています。簡単な日本語ができるスタッフの方もいます。

日本の接客の質はとても高いですからね。海外に住んでいるとこの点は本当に痛感する事が多いです。

だるまのスタッフの方は皆明るくフレンドリーです。記念に写真をお願いしたところ「綺麗に撮ってね~!」とポーズまでとってくれました。

何故か背景が暗くなってしまったので妖艶な雰囲気になってしまいましたが、一般の居酒屋ですのであしからず(笑)

さて、肝心なお料理はとメニューを見るとその種類の多さにびっくり。一品料理はもちろん各種定食や鍋、焼き鳥まで何でもあるのではないか?と思える程の品揃えです!幅広い層から支持されているというのも頷けます。

まず王道の(?)豆腐サラダとカリフォルニア巻き、そして天津飯をいただきました。

 

久々の天津飯。後で中国の方に聞いたのですが、天津飯は中国料理ではなく、日本人が作ったものという意外な事実。どうりでオーストラリアの中華レストランに無いわけですね。

ふっくら卵とあまダレが良い感じです。いやあ、「そうそうこれこれ」という懐かしさを覚える優しい味でした。

その後、寿司、刺身、天ぷら、ちょっと早い年越しソバと和食王道をヒロさん、大将と食べて飲んで、セブの話で大いに盛りあがりました。

しかし、そのせいで料理を撮影するのを忘れてしまいました(汗)そこで、大将に後日写真をいただきました。

 

 

天ぷらもさくさくしたコロモが良い感じで、お寿司はこの道10年の寿司シェフが握っているのでとても美味しかったです。私は寿司が大好物なので、美味しい寿司が安く食べられるこの環境はうらやましくてなりません。ビバ・セブ&だるま!!

その他だるまでは各種ビール、日本酒からワインまで幅広くラインナップされており全てリーズナブルに楽しむ事ができます。お酒の好きな方にもお勧めです!

 

最初は、ヒロさんとも軽く夕食をとの事開店直後に伺ったのですが、大将も一緒に話が盛り上がり、終ってみれば11時過ぎ。

いやいや、本当に楽しかったです!大晦日の夜遅くまでお付き合いありがとうございました。

今回は1人での旅行でしたが、こうやってセブで色々な人たちとお知り合いになれるのは本当に嬉しいですね。

大将、また今年も行きますね!!

セブに留学中、英語の勉強に疲れたり、日本が恋しくなったら「居酒屋だるま」がお勧めです!

★ だるま 日本レストラン&居酒屋
住所: Amro, Plaza M.L.Quezon National Hiway Pajo, LapuLapu City Cebu
電話: (6332) 341-2755
営業時間;午前11時00分~午後2時30分 / 午後5時00分~午後10時30分
出前も行っています。

フィリピン珍道中日記

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介