学校訪問記

セブの市街地にありマンツーマンクラスが多め&欧米ネイティブ講師も常駐する人気学校CIJを訪問しました。CIJは高級コンドミニアム内にあり設備も充実した学校で現在日本の学生さんからも非常に注目され始めています。

IMG_0473

場所はセブ市街地中心部となり大型ショッピングセンター「アヤラショッピングセンター」から車で5分、徒歩でも15分程度で行く事ができる大変便利なロケーションとなっております。

ガードハウスがあるゲートをくぐるとそこは広い室内駐車場となっています。屋内駐車場は暗い事が多いのですがこちらは太陽光が多く入る作りになっており明るく閉鎖的な感じがしないですね。その正面には建物の入口とは別にCIJのゲートがあります。

IMG_0429 IMG_0430

ゲートは指紋照合システムがあり関係者以外は入る事ができなくなっており、セキュリティー面でもしっかり管理されています。

IMG_0431

またビルの1階部分にはこちらのコンドミニアム「TANCOR」の総合受付とラウンジがあります。部屋の設備の事やクリーニングなどについて要望がある時などは学生さんはこちらの受付を利用する事になっています。流石は高級コンドミニアム、とっても綺麗です。

IMG_0436 IMG_0437

その他1階部分にはスイミングプールもあります。希望すればプールサイドでマンツーマン授業を受ける事もできます。
丁度授業を受けている学生さんがいました。開放的な雰囲気の中での勉強も良いですね。

IMG_0435

まず、CIJの大きな魅力でもある寮のお部屋を見学させてもらいました。コンドミニアムなので寮の廊下部分も立派です。廊下も十分にスペースが確保されています。

IMG_0438

CIJのお部屋はタイプが細かくわかれており特に1人部屋には複数のタイプがあります。まず見学こちらはリビングが共有の1人部屋タイプのお部屋。リビングのサイズは十分にありテレビは薄型フラットテレビが設置されています。

IMG_0442 IMG_0443

キッチンもお部屋についており、自炊もすることが可能です。コンロもオーブンまでついているので本格的な料理も可能です。基本的な調理器具も貸し出しをしているようなので気軽に自炊が出来る安心の環境が揃っています。ちなみに洗濯機も各部屋についているので自分で洗濯することもできます。もちろん、洗濯はスタッフに依頼して行ってもらう事もできます。

IMG_0444 IMG_0440

お部屋はこちら。ベットはキングサイズとなっていました。ベットのサイズはお部屋によりクイーンとなることもあります。リビングには2つの1人部屋がついているので共有といっても2名で使う形となり混雑することはありません。

IMG_0441

続いてこちらが完全な個室タイプ。キッチン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機も揃っており快適な生活を送る事ができます。もちろん広さも十分にあり、これが学生寮?と思ってしまう程高いクォリティーとなっています。

IMG_0461 IMG_0448

また、シャワーはなんと「ミストサウナ機能付き!」これは本当に贅沢ですね。ここに泊まりたくなってしまいます(笑)
その他部屋にはそれぞれホットウォータータンクが設置されているので多くの学生さんが一気にシャワーを浴びる時間に温水が無くなってしまうという心配もいりません。
IMG_0447 IMG_0450

続いてこちらが4人部屋。最初はこのようにベットが配置されていますが、実際は学生さんが好きにベットの配置を変える事ができるのでソファーなどを外して、ベットとベットの感覚を離して設置したりして快適に過ごしているとのことです。本当にいろいろと細かい所までうまくできています。

IMG_0457

続いてはスポーツジムと卓球ルーム。こちらは学校ではなくコンドミニアムの設備ですが学生さんも無料で使う事ができます。またスポーツジムの奥にはサウナルームもありこちらも無料で利用ができます。韓国の学生などは体を鍛える事が好きな学生さんが多いので早朝授業前に利用する人も多いようです。

IMG_0456 IMG_0463

次に教室部分を見学させてもらいました。こちらは掲示板となっており学生さんに必要な情報がずらりと掲示されています。日本の学生さんように日本語で掲載されているものもあります。また、その下には学生さんからのリクエストフォームも直ぐに書く事ができるよに設置されています。

IMG_0439 IMG_0467

こちらはマンツーマンルーム。CIJは基本のコースでもマンツーマンが6時間と長めに設定されているので多くのマンツーマンルームが設置されています。フィリピン留学最大の特徴のマンツーマンクラスが多いのは大きな魅力ですね。

IMG_0433 IMG_0432

広い部屋では、欧米ネイティブ講師によるティーチャー講習会が開かれていました。講師はなるのも大変ですが、なってからも常にスキルアップを求めらるので実はなってからが大変なんですよとスタッフ談。確かに現在フィリピン留学では多くの学校が乱立しているのでしっかりした講師の質をキープしないと人気校にはなれませんからね。

IMG_0459

廊下も広いので学生さんのちょっとした休憩所にもなっているようです。右の写真は食堂スペース。食堂スペースは複数個所にわかれており、好きな場所で食べる事ができます。ランチは少し前まではランチボックス形式でしたが、最近は食べる量が個人により大きく異なる事からビュフェ形式になったとのことです。

IMG_0462 IMG_0453

スタッフの方はランチタイムが異なる事があるのでランチボックス形式でオフィスで食べる事が多いとのことです。
訪問した日はこのようなメニューでした。食事は韓国食も多くでますが、日本食もよく出され日本人の方からも好評のようです。
IMG_0470

CIJは去年まで日本人スタッフが居なかったので殆ど韓国の学生さんという学校でしたが、現在は日本人スタッフが加入されたことにより、日本の学生さんのサポート体制も非常に整ってきています。20代、30代の方はもちろんシニアの方も最近ではご入学されることも珍しくないとのこと。確かにコンドミニアムを利用した学生寮、マンツーマンが多く自由度の高いカリキュラム、そして日本人スタッフのサポートは非常に魅力的です。

今後更に人気が出て来ると思われるCIJに注目したいと思います!

CIJ

★CIJの詳細や料金などはこちら★

学校訪問記

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介