Business

これから業界に関わらず英語が必須になる!
時間のない社会人の方は高密度カリキュラムのフィリピン留学でお勧め!

時間が無いからこそフィリピン留学!

社会人の方は長期休暇はなかなか取りにくい。キャリアチェンジを希望しているが、空白期間はそうは長くは取れない。という方は多いかと思われます。
フィリピン留学であればマンツーマンを主体とした1日平均8時間の超高密度カリキュラムにより短期間でも最大の効果を期待できます。
費用も格安で、時差も少なく、移動距離も短いフィリピンは今まで留学を諦めていた方にも留学のチャンスとなります。
現在は企業研修なども頻繁に利用されており、その費用対効果分析は欧米留学を凌ぎ、大手企業からも注目をされています。

公用語が英語のフィリピンは世界的企業からも注目されています。

英語が公用語のフィリピンでは多くのビジネスシーンで英語が当たり前に使われています。ビジネス経験豊富な講師も多く、フィリピン留学でも実践的なビジネス英語を学ぶことができます。

現在ではシティーバンク、マイクロソフト、デルコンピューター、JPモルガンなどの世界的企業のコールセンターなどがフィリピンに集まっておりビジネスシーンにおいてもフィリピンの英語力の高さが認められています。フィリピン留学の講師の中にはそういったグローバル企業に勤めていた経験のある講師も少なくなく、レベルの高いビジネス英語を学ぶことも可能になっています。

ビジネスで必要とされる英語力とTOEICレベルについて

TOEICスコア ビジネスでの英語評価 総合評価
850点~990点 ネイティブスピーカーと同レベルの会話ができ、英語での交渉もしっかり行う事ができる。 超上級
800点~850点 マネージャーレベルのポジションで十分に英語を使いこなせる。ただし、細かいニュアンスや表現はまだネイティブレベルではない 上級
650点~800点 高度な内容で無ければビジネス会話も可能。ただネイティブがある程度ゆっくり話す事や、使う表現をクリアなものに限定する必用あり。 中級
500点~650点 相手がゆっくり話し、ボキャブラリーも絞って話せば理解はできる。交渉事などには対応できない。 初・中級
400点~500点 英語でビジネスをするのは困難。簡単なコミュニケーションは取れる。 初級
~400点 ビジネスで英語を使うにはまだ不十分なレベル。

上記の表は目安となり、特にTOEICはスピーキングテストがないのでスコアが高くても実際は話せないという人も多い。実際のビジネスシーンでは会議などでスピーキング力、リスニング力が問われるので将来は英語を使った仕事に就きたいという人はTOEIC対策だけではなく、ビジネス英語コースなどで総合的な英語力を付ける事が重要となります。

もちろんTOEIC対策コースと組み合わせる事も!

長期で留学される場合はTOEIC対策コースとビジネス英語コースを組み合わせる事も可能です。
ビジネス英語でビジネスシーンで使う実践的な英語を学び、後半に日本に帰国後の就職・転職の為のTOEICスコアアップの為にTOEIC対策コースを受講するプランもお勧めです。

目的から探す

ビジネス英語なら
おすすめ学校 TOP 3

  • English Fella1キャンパス
    1 English Fella クラシック

    上級会話、作文、スピーキングなどの課程をベースとし、経済現象分析及び、マーケティング戦略など実践的なシーンで使えるビジネス英語を学ぶコースになります。ビジネスマンはもちろんのこと、これから就職を控えた学生さんにもぴったりのコースとなっています。

    学校詳細をみる
  • HELPクラーク
    2 HELPクラーク

    国際都市クラークの名門HELPではビジネス経験豊富な講師が多数在籍するためにその経験に基づいた実践的な授業が展開されています。外資系企業に就職を希望する方やすでに仕事で英語を使っている方などに特におすすめです。

    学校詳細をみる
  • 3 SMEAG(旧 SME)クラシック・キャピタル

    楽天の社員研修も行われるSMEのビジネス英語コース。講師の質にも定評あるSMEの講師陣の中でも更に英語力が高い講師を厳選して開講されているコース。料金はやや高く設定されているが、本格的なビジネス英語を勉強したい方に特にお勧め。

    学校詳細をみる